シングルス

相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

戦う前から、相手が怖い。

すごく、分かります。

試合では、シード選手や実績のある格上相手との試合も多いですよね。

でも、シングルスの試合は誤魔化しが効かない。

相手に対する恐怖心に打ち勝たない限り、勝利は見えて来ない。

この覚悟、が試合前に出来るかどうかです。

 
 

戦える状態、でコートに立てるかどうか

私が以前に審判をしているときも、感じたこと。

戦える準備が出来て、シングルスの試合に臨む選手は違う。

まず、眼光が鋭い、眼が違うんです。

気負っていない、どこか悟っているような表情。

相手を恐れない姿勢、はもうコイントスの段階でビシビシ伝わって来ました。

みなさん、最初はハッタリでも良いんです。

相手を恐れている自分、を変えていく工夫をしていかないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

対戦相手は、かわいそうな人

だと思うと、強気に出れます。

なにせ、これから自分に倒される訳ですから。

「頭おかしいんじゃないの・・・?」と思う方も、いるでしょう。

でも、実際はそれくらいのメンタルで試合に入った方が、強気に良いプレーが出来る。

相手を恐れている選手は、スタートダッシュも出来ない。

自分の目の前にいる相手、対戦相手はかわいそうな人なんだ、と。

思えるようになれば、もう相手を恐れることも無いでしょう。

相手を恐れる自分が一番怖い

強い相手が怖い、それは分かります。

でも、テニスの試合は戦いですから。

向かっていく姿勢が無いと、まずシングルスでは勝負にならない。

みなさんも、格下相手の試合をするときには、出来るだけ怯えていて欲しいじゃないですか、相手に。

相手を恐れている自分、が一番怖いのがテニス。

シングルスは、誰も助けてはくれない。

でも、自分が一人なら相手も一人。

同じ大会にエントリーしている訳ですから、何も恐れる必要は無いですよ。

   

これだけは言えます、みなさんは強い

T-PRESS読者のみなさんは、強い。

私は、こう信じています。

だって、正直こんな硬派で異端なサイトを、読んでくれている訳ですから。

私なりに、毎日書くこと、みなさんにとっては読むことが大事なトレーニングだと思っています。

耳の痛い言葉、内容、多いじゃないですか。

自然と、戦える姿勢は養えていると思いますよ。

シングルスの試合では、こういう小さい積み重ねを自分の中で噛みしめて、戦うことが大事。

相手を恐れる必要はありません。

みなさんは強い、毎日テニスついて考えるきっかけを作れている訳ですから。



相手を恐れている自分、を誤魔化さないこと。

受け入れて、どうすれば良いのかを考える。

対戦相手、そこまで手も足も出ないような実力差は無いはず。

そうなるとしたら、アナタ自身の中の恐怖心の処理の問題。

大丈夫です、みなさんは強い、まだまだ強くなる。

何も恐れる必要は無い、ということです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  4. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

    シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。これを繰り返していると…

  5. テニス 楽天
  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう…
  2. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
  4. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  5. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
PAGE TOP