戦術

コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?

目次

テニスはボールを相手コートに打つ、コントロールする競技。

そのために、まずはボールにしっかり追いつかないといけないですよね。

ということは、コートの中どこからでも、ボールをコントロール出来ないと試合では辛い。

つい、練習で同じような場所からのショットばかり、になってはいませんか?

 
 

ベースラインか、ネット前だけ?

後ろからはストローク、前ではボレー。

確かに、これが基本です。

でも、実際の試合ではどうでしょう?

ベースラインより少し前、ネットよりも少し遠い位置、のような場所からもボールを打ちますよね。

自分が立っている微妙に違うだけで、テニスはかなりコントロールが難しくなる。

これは、試合に出ている方なら痛いほど感じていることでしょう。

前衛、後衛という言葉が、危険

だと、私は思います。

テニスのポジションって、単純に前と後ろ、という2パターンだけじゃない。

それに、ラリーの中で前衛も後衛も入れ替わる、のが当たり前のように繰り返される。

大事なのは、前衛でも後衛でも無いようなポジションから、自分はボールをコントロール出来るのかということ。

この意識が無いと、練習出来ないですよ。

普段の練習、みなさんはベースラインからのストロークか、ネット近くでのボレーだけ・・・になってはいませんか?

前衛、後衛という言葉に、惑わされてはプレーが狭まっていくだけです。

どこからでも、コントロールショットを

試合では、コートの真ん中付近、サービスラインくらいから打つショットも増えますよね。

これが、チャンスのようでチャンスではない、なかなか決まらないんです。

だから、大事なのはコントロールショット。

しっかりと相手コートの中の、どこを狙うのか。

そこにコントロール出来るのか。

ワンバウンドのボールでもボレーでも、しっかりコントロール出来れば試合でも強い。

逆に、コントロール出来ないと少しポジションが動いただけで怪しい、ということが相手にバレてしまいます。

こうなると、もう挽回は難しいでしょう。

   

練習から大事な、「あの意識」

じゃあ、どうするのかという話。

答えは、簡単です。

練習から、自分でどんどんポジションを変える。

後衛から前衛、また後衛、という形で、前後にポジションチェンジを入れていきましょう。

「浅くなったら、アプロ―チで前に出る」とか、そんな甘いモノじゃない。

浅く無くても、前に出て相手を揺さぶる。

前衛でロブで抜かれても、走って後ろのベースラインからまたラリーを組み立て直す。

こういう意識を、練習から持ってしっかり継続する。

そうすれば、自然とコートのどこに立っているのか、どうすればコントロール出来るのか、が見えて来るでしょう。



大事なのは、「同じ場所で打つのが、楽」とならないこと。

アナタ自身が楽なのは良いですが、試合では相手も楽、になります。

前に出て来ない、ような相手はすごく楽ですしね。

試合では、微妙なポジションからの返球、処理も一気に増える。

そのときにボールをコントロール出来るか、がテニス選手としての実力です。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

    一流の選手の、凄いところ。私は、たくさんの試合を生で観て来まし…

  2. 食事

    戦術

    「テニスの醍醐味、味わってる?」テニスの試合で必要なパワーに頼らない戦術の考え方

    テニスが大好きだ。だって楽しいでしょ?その楽しさは何か…

  3. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  4. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  6. テニス メンタル

    戦術

    トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い

    今朝の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。見事にベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
  3. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつ…
PAGE TOP