テニス サーブ

戦術

浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

これもアンケートからのご質問、への回答となります。

「浅くなったボールを打って前に出ても、なかなか決まらない」

「逆にパッシングショットやロブで良いようにやられてしまう・・・」

というお悩みを持つ方が多いようです。

私自身考えてみましたが・・・これって、少しおかしな話だと思いませんか?

 

浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

 

1.前に出るのは、アナタの意志じゃないの?

まずここから確認しておきたいところ、です。

前に出るのは、ボールが浅いから?

仕方なく前に出ていく・・・ような感じでは、到底試合には勝てないでしょう。

それは前に出ているのではなく、相手に良いように「出るように仕向けられている」だけ。

実際に私もよく試合で、意図的に浅いボールを打って前に出す、相手を引っ張り出す作戦をよく使います。

言葉のニュアンスの違いかもしれませんが、この差って大きいですよ。

 

2.前に出るのに、必要なのは決断力とフィニッシュイメージ

こういう自分の意志が薄い、ボールが浅いから前、という方は決断力が無い。

相手や周りの環境に決めてもらう、「まぁ、普通は前だよね」という感覚でしかネットに出れない。

そういう人が、ポイントのフィニッシュイメージを持てるかと言えば、非常に疑問です。

だって、何より自分の意志が無い訳ですから。

そんな人が、しぶといプレーが出来るとは思えない。

ボールが浅いから前に出るんじゃない。

前に出ることでポイントを取れる、確率が高いと確信しているから前に出る、訳じゃないですか。

結果的に同じようなこと、になるかも知れませんが・・・その差は大きいですよ。

 

3.アプローチショット1つ取っても、その差は歴然

前に出る、浅いボールからアプローチしていく時に、何が必要か。

やっぱり、その最初のショットでしっかり相手を追い込むこと、でしょう。

スライスでもスピンでも、しっかり相手を攻撃していく姿勢、が大事。

気持ちが入ったショットが打てれば、そう簡単に抜かれたりはしないはず。

気持ちがこもったショット、とはアナタ自身の意志のあるショットです。

浅いボールを、待っていて攻撃していくショット。

こういう姿勢、実はほとんどの人に欠けているように私は思いますよ。

 

4.「なぜ?」を自分の中で繰り返そう

そもそも、なぜ前に出るのか。

浅いボールを打って、下がってはダメなのか。

こういう小さい「なぜ?」を日々繰り返すこと、アナタ自身出来ているでしょうか?

テニススクールで、何となくアプローチショットからの並行陣、を習ったからそれをやるだけ・・・ですか?

それって、小学生と同じ。

それで勝てなかったら、もう終わりですよね。

言い訳も作れるし、きっとアナタ自身が逃げる道も作れるのですごく楽。

ですが、それはきっとアナタ自身の成長につながらないでしょう。

 

たかがアプローチショット、ですが、これが実に奥が深い。

そして、その人それぞれに、人となりが出るんですよね。

何を考えているのか、普段どういう考えでテニスをしているのか・・・が、如実に出る。

前に出る、出足一つで試合は変わりますよ。

アナタ自身、ぜひ見つめ直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由

    テニスの試合は、失点と得点の繰り返し。これを、自分の中でどう捉…

  2. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  3. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  4. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

    試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?上手くポ…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

    どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。自分のプレ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探してみよう

    アナタの周りにも、「テニスが上手い、試合で勝っている」人はいるはず。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  2. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  5. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない…
PAGE TOP