テニス サーブ

戦術

浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

これもアンケートからのご質問、への回答となります。

「浅くなったボールを打って前に出ても、なかなか決まらない」

「逆にパッシングショットやロブで良いようにやられてしまう・・・」

というお悩みを持つ方が多いようです。

私自身考えてみましたが・・・これって、少しおかしな話だと思いませんか?

 

浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

 

1.前に出るのは、アナタの意志じゃないの?

まずここから確認しておきたいところ、です。

前に出るのは、ボールが浅いから?

仕方なく前に出ていく・・・ような感じでは、到底試合には勝てないでしょう。

それは前に出ているのではなく、相手に良いように「出るように仕向けられている」だけ。

実際に私もよく試合で、意図的に浅いボールを打って前に出す、相手を引っ張り出す作戦をよく使います。

言葉のニュアンスの違いかもしれませんが、この差って大きいですよ。

 

2.前に出るのに、必要なのは決断力とフィニッシュイメージ

こういう自分の意志が薄い、ボールが浅いから前、という方は決断力が無い。

相手や周りの環境に決めてもらう、「まぁ、普通は前だよね」という感覚でしかネットに出れない。

そういう人が、ポイントのフィニッシュイメージを持てるかと言えば、非常に疑問です。

だって、何より自分の意志が無い訳ですから。

そんな人が、しぶといプレーが出来るとは思えない。

ボールが浅いから前に出るんじゃない。

前に出ることでポイントを取れる、確率が高いと確信しているから前に出る、訳じゃないですか。

結果的に同じようなこと、になるかも知れませんが・・・その差は大きいですよ。

 

3.アプローチショット1つ取っても、その差は歴然

前に出る、浅いボールからアプローチしていく時に、何が必要か。

やっぱり、その最初のショットでしっかり相手を追い込むこと、でしょう。

スライスでもスピンでも、しっかり相手を攻撃していく姿勢、が大事。

気持ちが入ったショットが打てれば、そう簡単に抜かれたりはしないはず。

気持ちがこもったショット、とはアナタ自身の意志のあるショットです。

浅いボールを、待っていて攻撃していくショット。

こういう姿勢、実はほとんどの人に欠けているように私は思いますよ。

 

4.「なぜ?」を自分の中で繰り返そう

そもそも、なぜ前に出るのか。

浅いボールを打って、下がってはダメなのか。

こういう小さい「なぜ?」を日々繰り返すこと、アナタ自身出来ているでしょうか?

テニススクールで、何となくアプローチショットからの並行陣、を習ったからそれをやるだけ・・・ですか?

それって、小学生と同じ。

それで勝てなかったら、もう終わりですよね。

言い訳も作れるし、きっとアナタ自身が逃げる道も作れるのですごく楽。

ですが、それはきっとアナタ自身の成長につながらないでしょう。

 

たかがアプローチショット、ですが、これが実に奥が深い。

そして、その人それぞれに、人となりが出るんですよね。

何を考えているのか、普段どういう考えでテニスをしているのか・・・が、如実に出る。

前に出る、出足一つで試合は変わりますよ。

アナタ自身、ぜひ見つめ直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  2. 戦術

    4ゲーム終わった段階で、知ることは出来ているか?

    どんな試合でも、自分の中で4ゲーム。この意識をしっかり持って…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  4. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前

    試合の中で、相手のデータをしっかり頭に入れている。そしてそのデ…

  5. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 水分補給

    テニス選手に必要な、ウォーターローディングとは?
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に
  5. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
PAGE TOP