テニス 予測

シングルス

シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。

浅いボールをアプローチして前、に出たつもりが・・・パッシングショットの餌食になってしまう典型例ですね。

相手をコートの外に追い出して、後はボレーでオープンスペースに・・・打てるボールなんて、なかなか来ないのです。

 

シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

 

1.コートの外に追い出しても、相手は「打つとこたくさんある」状態

皆さんも、イメージ出来ますよね。

シングルスの試合で、相手が前に来る・・・ときに、自分はコートの外に走らされている。

一見、危機的な状況のようですが、実はパッシングショットを打つコースは拡がっている。

ショートクロスも打ちやすいし、ダウンザラインも外から巻いていける。

シングルスの試合、中途半端にコートの外に追い出すのは逆に危険、なんですよね。

これは前に出た経験がある人なら、理解出来ると思います。

 

2.だったら・・・思い切って、「真ん中深く」に打ってみない?

私は、シングルスの試合でよくコレを使います。

相手のセンター深く、に打って前に出る。

相手からすると、走らされて打つパッシングショットは慣れているけど、センター深くからって・・・あまり慣れていない。

「え?え?」という感じで、結論が出ないままにミスしてくれたり、苦し紛れのロブが来る。

そこをドロップボレーでチョン、と落として終わり、みたいなパターンが実は有効なんですよね。

下手に外に走らせるよりも、センター深くって意外と盲点ですよ。

 

3.センター深く、出来ればバックハンドで打たせたい!

もう少し精度を上げると、出来れば相手のバックハンドでパッシングショットを打たせたい。

そうなると、逆クロスってほとんど来ないんですよ。

フォアハンドで回り込まれると、コースが読み辛いんですけどね。

バックハンドで逆クロス、はなかなか打ち辛い、だから予測がしやすい。

ここまで考えて、相手を追い詰めていくイメージを持っておくと良いと思います。

アプローチショットって、つい角度を付けたり相手をコートから追い出したい、と考えてしまうんですよね。

特に足が速い相手に対しては、危険極まりない行為です。

 

良いショットを打っているのに、勝てない人。

は、こういう小さい部分で劇的に勝率は変わるでしょう。

思い切って、打つコースを変えてみる、相手が嫌な場面を作ってみる。

パッシングショット、外からは本当に打ちやすいですからね。

シングルスの試合の前に、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

  2. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  3. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  2. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学び…
  4. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
PAGE TOP