テニス 準備

戦術

「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気になりました。

「失敗しても良いつもりで、頑張ってます!」という嬉しい言葉がたくさん・・・なんですが、この言葉って怖い。

私自身、自分の試合でも気を付けて使うようにしています。

「失敗しても良い」が癖になると、それはチャレンジの質を下げるだけ。

結果的に、な訳ですからね。

 

「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

 

1.「失敗しても良い」は、全力でやるから使って良い言葉

当たり前ですけど、何をやるにしても失敗はしたくない。

私自身も、するつもりは毛頭ありません。

でも、その思考が足を止めるのが嫌だから、最後は「失敗しても良い」と思いながら、色々なことに挑戦していく。

でもこの挑戦、みなさんもう一度考えてみてください。

毎回、本気ですか?

本気で成功を求めた結果、やりきった結果、なら失敗もOK。

でも、これが出来ている人って少ない、と私は思うんです。

 

2.誰だって、自分に保険をかけたくなる

ダブルスでも、前衛でポーチに出るのは怖い。

だから、「失敗しても良いから・・・」と自分に保険をかけてしまう。

そうなると、出足も遅いし、「絶対にやってやるんだ!」という気持ちが、薄くなってしまいますよね。

言葉って、本当に怖い。

「失敗しても良い」という言葉で、結果的に自分を慰めて弱くしている。

このことに気付かないと、本当の意味での失敗、なんて出来ないですよ。

 

3.負けず嫌いな魂こそ、アナタの上達の鍵になる

私自身、そうですから。

負けることが嫌い、怖い、だから失敗だって嫌。

失敗しても良い、と思うことで自分に言い訳をしたくない・・・だけど、挑戦していかないと強い相手には勝てない。

こういうもどかしい気持ち、みなさんも近しい感じはあるんじゃないでしょうか。

言葉には力がありますから、私がオススメなのは「失敗しても良い、ただし本気で成功をイメージしてやりきること」というスタンス。

このスタンスであれば、小さい迷いが消えていく。

失敗しても良い、と安易に考えること自体が失敗。

でも、本気の失敗をしないことも、失敗。

なんだか言葉遊びみたいですが、テニスが強くなりたいならこのスタンスがオススメです。

 

4.成功しない限り、失敗は失敗で終わる

最後に、勝てば良いんです。

アナタ自身が、アナタ自身の成功を掴めば、過去なんて全部成功の糧、として評価されます。

途中で投げてしまうと、それは失敗としてしか捉えられない。

悲しいですけど、スポーツの世界ってそういう世界だと思います。

プロ選手の話、だけじゃないと私は思います。

一般の試合に出続ける私たちも、失敗しても出続けて、本気で挑戦して最後に勝つ。

私はそんな人を、一人でも多く創り出していきたいし、応援していきたい。

本気で、そう考えています。

 

「失敗しても良い」と思いながらも、やっぱり失敗が怖い。

緊張する場面の試合、普通はそうですよね。

普段の練習から、思考の整理、言葉の整理、だけでもやっておけば違うと思いますよ。

まだまだこれから、私もたくさんの失敗を本気で繰り返していくつもりです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. 戦術

    チャンスボールを打ち込むのが苦手な方、意識したい5つのポイント

    今回は、久しぶりにこのテーマで。チャンスボールを打ち込む、こ…

  2. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について

    今朝、眠たい目をこすりながら試合を観た方も多いと思います。マス…

  3. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

    私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。年齢が30代の私が…

  4. 戦術

    1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分

    私たちの試合の多くは、1セットマッチ。この進め方について、し…

  5. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方

    試合での、サービスゲームキープ。これを課題にしている方は、多…

  6. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミ…
  2. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるよう…
  3. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ
  4. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  5. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
PAGE TOP