テニス 準備

戦術

「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

目次

みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気になりました。

「失敗しても良いつもりで、頑張ってます!」という嬉しい言葉がたくさん・・・なんですが、この言葉って怖い。

私自身、自分の試合でも気を付けて使うようにしています。

「失敗しても良い」が癖になると、それはチャレンジの質を下げるだけ。

結果的に、な訳ですからね。

 

「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

 

1.「失敗しても良い」は、全力でやるから使って良い言葉

当たり前ですけど、何をやるにしても失敗はしたくない。

私自身も、するつもりは毛頭ありません。

でも、その思考が足を止めるのが嫌だから、最後は「失敗しても良い」と思いながら、色々なことに挑戦していく。

でもこの挑戦、みなさんもう一度考えてみてください。

毎回、本気ですか?

本気で成功を求めた結果、やりきった結果、なら失敗もOK。

でも、これが出来ている人って少ない、と私は思うんです。

 

2.誰だって、自分に保険をかけたくなる

ダブルスでも、前衛でポーチに出るのは怖い。

だから、「失敗しても良いから・・・」と自分に保険をかけてしまう。

そうなると、出足も遅いし、「絶対にやってやるんだ!」という気持ちが、薄くなってしまいますよね。

言葉って、本当に怖い。

「失敗しても良い」という言葉で、結果的に自分を慰めて弱くしている。

このことに気付かないと、本当の意味での失敗、なんて出来ないですよ。

 

3.負けず嫌いな魂こそ、アナタの上達の鍵になる

私自身、そうですから。

負けることが嫌い、怖い、だから失敗だって嫌。

失敗しても良い、と思うことで自分に言い訳をしたくない・・・だけど、挑戦していかないと強い相手には勝てない。

こういうもどかしい気持ち、みなさんも近しい感じはあるんじゃないでしょうか。

言葉には力がありますから、私がオススメなのは「失敗しても良い、ただし本気で成功をイメージしてやりきること」というスタンス。

このスタンスであれば、小さい迷いが消えていく。

失敗しても良い、と安易に考えること自体が失敗。

でも、本気の失敗をしないことも、失敗。

なんだか言葉遊びみたいですが、テニスが強くなりたいならこのスタンスがオススメです。

 

4.成功しない限り、失敗は失敗で終わる

最後に、勝てば良いんです。

アナタ自身が、アナタ自身の成功を掴めば、過去なんて全部成功の糧、として評価されます。

途中で投げてしまうと、それは失敗としてしか捉えられない。

悲しいですけど、スポーツの世界ってそういう世界だと思います。

プロ選手の話、だけじゃないと私は思います。

一般の試合に出続ける私たちも、失敗しても出続けて、本気で挑戦して最後に勝つ。

私はそんな人を、一人でも多く創り出していきたいし、応援していきたい。

本気で、そう考えています。

 

「失敗しても良い」と思いながらも、やっぱり失敗が怖い。

緊張する場面の試合、普通はそうですよね。

普段の練習から、思考の整理、言葉の整理、だけでもやっておけば違うと思いますよ。

まだまだこれから、私もたくさんの失敗を本気で繰り返していくつもりです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  2. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  3. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  4. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる

    試合の対戦相手、どう観察してどう戦術を立てていくのか。色々と書…

  5. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく

    強い相手との試合では、これが大事。みなさんも、きっと経験自体…

  6. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  3. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
  4. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い
PAGE TOP