テニス リターン

Q&A

Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

アンケートにて頂いたご質問ですが、これは私もよく考えさせられるテーマ。

実際に、テニスの試合って逆転劇、多いですよね。

色々な要素があると思いますが、メンタルが強い選手って結局「開き直れる選手」なんでしょうか?

開き直るっていう言葉、どこかハッキリしないですよね。

今回は、この言葉の持つ意味、を一緒に考えていきたいと思います。

 

Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

 

1.開き直るって、何も考えないってこと?

よく、悪い意味でも使われますよね。

「開き直ってんじゃないよ!」と、怒られた経験がある方もいると思います。

そんなときの開き直るって、もう諦める、考えるのを止める・・・という感じ、ですよね。

テニスの試合の現場ですと、どうでしょうか?

私は、「考えるのを止める」のは難しいと思うんですよ。

だって、何も相手のこと、スコアのこと、を考えないで無心でテニスって、出来ますかね?

カウントも覚えていないと、セルフジャッジだとコールも出来ないですよ。

ですので、無理に思考を停止しようとしても、それは出来ないでしょう。

でも、試合の後半で負けている選手が「開き直る」ようなことは、よくあると思います。

きっとそれは、考え方を「シンプルにする」んだと思います。

 

2.選択肢を絞って、迷いを無くす

これが、私はテニスの試合で必要な「開き直り」だと思います。

色々考えてやろうとしたけど、上手くいかない。

だったらもう、負けている試合で終盤だし、やることをシンプルにする。

選択肢を絞って、迷いを消し去る。

これこそが、有効な「開き直り」なんだと思います。

傍から見ると、それは「メンタルが強い人」に見えるんでしょう。

諦めないで、ひたむきにボールを追う姿、に映るでしょうからね。

でもやっていることは、別に凄く難しいことではないはずです。

選択肢を絞る決断、が出来るかどうかですね。

 

3.「名を捨てて、実を取る」のが、試合を巻き返す鍵になる

今回の選挙でも、少し聞いた言葉ですが・・・。

テニスの試合、私は試合の終盤で大きくリードされていたら、これに徹します。

つまり、もう自分を捨てる。

自分が得意なこと、やってきた作戦、一回まっさらにして、「本当に実のある、ありそうな作戦」に絞ってしまう。

これには、勇気が要ります。

もしかしたら、これはメンタルの強さが影響してくるのかも知れませんね。

やることをシンプル、にするには、小さいプライドを捨て去る勇気、も大事なんですよ。

「このままいったら、普通に負けるな」というときに、自分の小さいプライドが邪魔をしていること、ありませんか?

実を取る、とい決断が出来るテニス選手は、試合でも強いですよ。

 

4.開き直れるかどうかも、準備次第

きっと、開き直って勝てる試合は、どこかで準備もしているんでしょう。

1セットマッチ、2-5になってもまだ可能性を捨てない。

それって、試合が始まってから考えていると厳しい。

試合前に、もし2-5になったら・・・と、イメージしておく。

これは、ネガティブでも何でもない、有り得ることへの準備、なんです。

開き直るという言葉は、良い意味で使えば自分が挽回する良い火付け役、にもなってくれる。

悪い意味で捉えれば、試合を捨てるという意味にもなる。

言葉って、怖いですね。

 

5.言葉を大事にして欲しい、みなさんも

今回は、「開き直る」という言葉について考えてみました。

私は元々、学生時代に文系ではなかったので・・・正直、こういうことを考えるのは苦手です。

今の時代、文系も理系も無いのかも知れませんが。

ですが、苦手だからこそ、考える。

言葉を自分なりに、大切に選んでいきたい、という気持ちがあります。

言葉って、怖いですよ。

何気なく使っていると、人も自分も傷付けて、最後は意図しない方向に向かっていく。

アナタ自身、何気なく使っている言葉、コート上での発言、考えてみて下さい。

説教臭くて申し訳ないですが、きっと損は無いはずです。

 

メンタルが強い、ように見えるのが上手い開き直り方、ですね。

ご質問頂いた方の回答になっていないかも知れないですけど、要は自分で整理して、何かを断つということ。

試合の後半、諦めなければ何かが起こる。

それがテニス、というスポーツです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」

    ソフトテニスから、硬式テニスに移行する。中学生から高校生、に進…

  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  3. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」

    新学期、部活やサークルの雰囲気がどうも盛り上がっていかない。何…

  4. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。…

  5. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・・・?」

    今回は、テニススクールに通う男性社会人の方からの質問です。平日…

  6. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出…
  2. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
PAGE TOP