テニス ストローク

戦術

インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

インドアコートでの試合、みなさんも経験あると思います。

テニススクールやクラブ、では結構最近はインドア多いですからね。

アウトドアの試合に慣れていると、実は結構弊害も多い。

そして、相手によってはそれを上手く利用出来るケースもあるのです。

 

インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

 

1.試合会場に着いたら、まずは天井の高さをチェック!

これからまず、やりましょう。

どの程度の高さで、いつもの自分のロブと比べてみる。

ギリギリを通すのは、現実的では無いですよね。

結構低いコートも多いですから、上手く中ロブを使うのはOKですが、高いロブで時間は稼げないケースも多い。

シングルスの試合、ダブルスの試合両方でしょう。

結構、高く打ち上げて態勢を整えるようなポイントって、テニスではありますよ。

 

2.ロブが打てない、時間を稼げないということは・・・?

相手を左右、に走らせれば無理してくれる。

無理して上げたロブ、は結構天井に当たりますからね、その時点でアウトです。

左右に走らせて、高いロブが打てないとなると、テニスでは結構選択肢は狭められます。

それに、実は左右だけじゃない。

一番、インドアコートで天井にボールが当たるのって、どんなケースでしょう?

きっと、みなさんも当てた経験あるはずです。

 

3.ロブで頭上を抜かれたら、かなり厳しい

外でのコート、なら良いんです。

頭上をロブで抜かれても、走って追いついて、上に上げることが出来る。

そこで時間を作れますからね。

でも、インドアコートならどうでしょう。

頭上を抜かれて追いかけて・・・その後、自分の後方に低いロブってなかなか打てない。

天井も見えないですしね。

となると、無理した股抜きショットや強引なパッシングショット、が来る可能性も高いですからね。

当然、インドアコートですので頭上を抜かれるロブを打たれるケースは少し減ると思いますが、強い相手は狙って来ますよ。

インドアコート、頭上を抜かれたらかなり厳しいですから。

前に出るときには、要注意です。

 

4.相手の選択肢を狭めたら、一気に仕留めよう

追い込むだけじゃ、テニスでは1ポイントも入りません。

しっかり仕留める、相手が「これしか出来ない」のこれを消す、ことが大事です。

ロブが打てないなら、前に詰める。

強引なパッシングショットや、低いボールを予測することが大事です。

それから、相手がロブを打ったらしっかりと天井に当たるかどうか、をよく見てジャッジする。

微妙なら、プレーを続ける。

はっきりと当たった場合には、もちろんプレーを止めてOKですが、中途半端に続けるのはダメですね。

インドアコートでの試合、天井を上手く味方につけること、が大事です。

 

インドアでの試合は、テンポも速い。

でも、慌てず上手くロブを使う、使わせないような戦術を考えてみましょう。

難しく考えず、相手をしっかり走らせて天井アウトをもらう。

まずはそこから、ですね。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  3. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

    「まさか、ここで動いて来るとは・・・」という場面、経験ありますか?…

  4. 戦術

    テニスの基本戦術5つ

    テニスの試合で必要な、基本戦術。これは、ITF(国際テニス連…

  5. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  6. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ネットプレー、最大の武器とは?」テニスでは回転量でプレーの手堅さをアピールでき…
  5. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
PAGE TOP