戦術

自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

試合の中での自分の失点。

試合の後に、どれくらい思い出せますか?

恐らく、ほとんどが思い出せないと思います、実際。

自分がドチャンスボールをミスした時、くらいでしょうか・・・印象に残りやすいので。

でも、一つだけ言えることがあります。

それは、アナタ自身の失点には必ず「共通点」があるということです。

 

自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

 


 

1.見つけられるかどうか、意識出来るかどうか

「いやー今日も相手が強かったし、自分もミスが多かった・・・」

試合が終わった後は、だいたいこんな感じじゃないでしょうか?

ダブルスの試合でも、そこまで試合の後に「負けた試合の失点」について話したりはしないですよね。

何となく失点して、何となく負けていく。

一気に強くなるのは難しい、でも・・・です。

アナタ自身が気付いていないだけで、実は失点には共通点がある。

その共通点を見出していけるかどうか、がテニス選手としての成長のカギを握っているんです。

 

2.例えば、私の場合

私の場合は、とにかく「テニスが下手、弱いと思われたくない」という意識がありました。

高校から大学、20代くらいの頃はそうでしたね・・・ですから、失点が淡泊。

ギリギリで入らなかったショットは、むしろ成功くらいに考えていた時期もありました。

粘ったり相手にプレッシャーをかけたり、という意識も無かった。

だから、相手に楽にプレーされて失点する、負ける。

こういう自分に、まず気付くこと、受け入れることが結構大変でしたね。

でも、一度腹をくくれれば、楽でしたよ。

粘るようなポイントを入れる、ダサいと思っていたロブを使う、その方が失点を減らして勝つことが出来る。

どうでしょう、アナタ自身にもきっとあるはずですよ。

 

3.共通点は、技術的な問題じゃない

テニスにおける、失点の共通点。

これは、技術的な問題ではないでしょう。

その技術を支える部分、考え方やスタンスのところ、なんです。

ストロークでもボレーでも、サーブでもリターンでも、きっと失点している背景は同じ。

何かしら、アナタ自身の考え方やスタンスが影響して、上手くいかないような結果になっていると私は思います。

ですから、まずは思い出してみる。

自分が今まで、試合でどんな失点をしているのか、プレーをしているのか。

なぜ、そういうプレーになっているのか。

その背景は、アナタ自身、そのものですから。

 

4.ダブルスペアなら、話す必要有り

私は今、固定で組んでいるペアはいません。

ですが、もし読者のみなさんの中で固定で組んで試合に出ている、もっと勝ちたいと思ってる方なら、今回のテーマについてじっくり考えてみて下さい。

考えることは、まず自分のことで良い。

自分の今までの失点の共通点、それからその背景について考えてみる。

腕組みをして考えるのではなく、紙にペンを走らせることが大事です。

書き出して、ぐちゃぐちゃに書いて、整理していく。

その内容をもって、ペアと話してみて下さい。

「自分自身について、考えてみたんだけど・・・」というスタンスで良いと思います。

ちょっと、いやかなり、恥ずかしいですけどね。

いきなり相手にダメ出し、では誰も聞いてくれませんからね。

そこから、ペアとして考えていけば良い。

まずは自分。

自分の中で目を背けてきた部分、と向き合ってみませんか?

 

まだまだ、私たちは上手くなる。

そのために、失点の共通点について深く考えてみることは大事です。

試合の敗因、それはいつも同じところに実はある、と感じられるかどうか。

社会人、ベテラン、シニアで頑張るみなさんだからこそ、です。

私も真剣に、これからも自分と向き合っていきます。

時に辛いですが、一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  3. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?

    テニスを始めたころ、皆さんこんな気持ちになりませんでしたか?「…

  4. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

  6. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  2. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める
PAGE TOP