テニス ボレー

ロブ

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

アナタ自身、本気で勝ちたい試合。

きっと、年に数回はありますよね。

その試合って、結構テニススクール内の戦いだったり、「インドアコート」での試合、多くないですか?

だったら、それ相当の準備が必要。

みなさん、インドアコートのロブ対策、しっかり練れて準備出来てますか?

 

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

 

1.天井が低いインドアスクールが、普通です

当たり前ですが、自分が打ったボールが天井に当たる。

この時点で、「アウト」の判定になります。

でも、テニススクールのような場所では、天井低いですよね。

アナタ自身、ロブを打っている感覚をハッキリ、アウトドアの感覚で打っていると危ない。

大事な場面で、ギリギリ天井に当たってアウト、になってしまうこともある。

天井が低いインドアスクールでは、高いロブは使えない。

まずは、この事実としっかり向き合うことです。

 

2.高いロブが使えないこと、で攻撃は変わる

まず、アナタ自身が攻撃している場面、で考えてみて下さい。

前に出ることが、より有効になりますよね。

高いロブが相手は打てない、ということは足元へのボール、パッシングショットが増える。

特に、左右に走らせた場面で、相手は無理してくれる感じになるでしょう。

アウトドアコートなら、上に打ち上げて時間が稼げますが、それが出来ない。

まずはしっかり、高いロブを打てない相手の弱みに付け込むこと。

他にも、色々出来ると思いませんか?

 

3.アナタ自身が「高いロブ」が必要なときは・・・?

私なら、とにかくベースラインにはいない。

ベースラインにいて、相手がネットプレー、のような場面を作ってしまうと、天井が低いインドアコートでは危険。

ロブで粘れない、ですからね。

だからこそ、先手を取って前に出る。

そして、ロブは低めに調整して相手に触らせる、ようにして使う。

焦る必要は、全く無いですよ。

アナタ自身、時間を稼がないといけないような場面、を作らない工夫は出来る。

その工夫の為にも、まずは自分で試合の環境を受け入れることが出来る、かどうかです。

 

4.天井が低い環境に、文句を言っても始まらない

文句を言って負けていくのって、悲しいし情けない。

ましてや普段練習している環境、コートなのに・・・ですよね。

天井が低いなら、その戦い方を実践すれば良いだけ。

それは、準備出来ているかどうか、の差になって出るだけ。

文句を言っても始まらない、

何か出来るか、本気で考えた人にだけ、その答えは出るのです。

 

天井が低い、そんなコートは日本にたくさんあります。

もはやテニスは、インドアスポーツですからね。

こういう準備を、しているのか、していないのか。

知っているのか、知らないのか・・・。

今回も、一つのヒント、です。

アナタ自身が低い天井のインドアコート、で勝てる姿をイメージ出来るかどうか。

ちょっと、楽しくなってきませんか?

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?

    よく、ダブルスの試合でこんなペア見かけませんか?ロブは上手くて…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

  3. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  5. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?
  2. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうす…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  5. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
PAGE TOP