テニス ボレー

ロブ

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

アナタ自身、本気で勝ちたい試合。

きっと、年に数回はありますよね。

その試合って、結構テニススクール内の戦いだったり、「インドアコート」での試合、多くないですか?

だったら、それ相当の準備が必要。

みなさん、インドアコートのロブ対策、しっかり練れて準備出来てますか?

 

インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

 

1.天井が低いインドアスクールが、普通です

当たり前ですが、自分が打ったボールが天井に当たる。

この時点で、「アウト」の判定になります。

でも、テニススクールのような場所では、天井低いですよね。

アナタ自身、ロブを打っている感覚をハッキリ、アウトドアの感覚で打っていると危ない。

大事な場面で、ギリギリ天井に当たってアウト、になってしまうこともある。

天井が低いインドアスクールでは、高いロブは使えない。

まずは、この事実としっかり向き合うことです。

 

2.高いロブが使えないこと、で攻撃は変わる

まず、アナタ自身が攻撃している場面、で考えてみて下さい。

前に出ることが、より有効になりますよね。

高いロブが相手は打てない、ということは足元へのボール、パッシングショットが増える。

特に、左右に走らせた場面で、相手は無理してくれる感じになるでしょう。

アウトドアコートなら、上に打ち上げて時間が稼げますが、それが出来ない。

まずはしっかり、高いロブを打てない相手の弱みに付け込むこと。

他にも、色々出来ると思いませんか?

 

3.アナタ自身が「高いロブ」が必要なときは・・・?

私なら、とにかくベースラインにはいない。

ベースラインにいて、相手がネットプレー、のような場面を作ってしまうと、天井が低いインドアコートでは危険。

ロブで粘れない、ですからね。

だからこそ、先手を取って前に出る。

そして、ロブは低めに調整して相手に触らせる、ようにして使う。

焦る必要は、全く無いですよ。

アナタ自身、時間を稼がないといけないような場面、を作らない工夫は出来る。

その工夫の為にも、まずは自分で試合の環境を受け入れることが出来る、かどうかです。

 

4.天井が低い環境に、文句を言っても始まらない

文句を言って負けていくのって、悲しいし情けない。

ましてや普段練習している環境、コートなのに・・・ですよね。

天井が低いなら、その戦い方を実践すれば良いだけ。

それは、準備出来ているかどうか、の差になって出るだけ。

文句を言っても始まらない、

何か出来るか、本気で考えた人にだけ、その答えは出るのです。

 

天井が低い、そんなコートは日本にたくさんあります。

もはやテニスは、インドアスポーツですからね。

こういう準備を、しているのか、していないのか。

知っているのか、知らないのか・・・。

今回も、一つのヒント、です。

アナタ自身が低い天井のインドアコート、で勝てる姿をイメージ出来るかどうか。

ちょっと、楽しくなってきませんか?

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

    試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

  6. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  2. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している
  4. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
PAGE TOP