テニス ボレー

ボレー

ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

テニスコートって、結構広い。

広いコートの中で、自分が求められるショット、というのもどんどん変わってくる。

ネットに近い、遠い、という感じでどこを自分で変えていくのか。

基本的な感覚を覚えておけば、きっと練習でも納得して進めていけるはずです。

 

ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

 


 

■ネットに近いほど、動きがシンプルになるのがテニス

ネットに近いほど、テニスでは動きがシンプルになる。

シンプルになる、ということはボレーのようにラケットを動く幅が少なくなるということ。

ストロークより前に踏み込むリターン、はスウィング自体がコンパクトでないといけない。

相手との距離が短くなるので、飛んでくるボールのタイミングも速いし時間も無い、そして自分が打ってから相手が触るまでの時間も短くなる。

当たり前のような話ですが、なぜこの話をしたかと言うと・・・。

まだまだ、テニスの試合でもネットに近いほど「大振り」をしてしまう選手の方が多い、からです。

 

■ネットに近い場所で、なぜ強打?

テニスはネットに近いほど、かなり強力な攻撃が出来る。

これは、事実です。

事実ですが・・・そこで強打、に走ってしまう選手が多い。

ボレーで決める、のはコース優先で充分なのに、速度を腕力で求める。

相手との距離が短いのに、大振りしてしまって・・・もし返球されたら、そこでおしまい。

ネットに近い位置では、シンプルな動作が求められるという意識があれば、きっとプレーは変わってくるでしょう。

 

■逆にネットから遠い位置では、少し大きなフォームでも良い

例えばベースライン後方、からであればダイナミックなフォームでも良い。

ナダル選手、のような大きく速いストロークを打っても、ある程度時間があるので戻ることも出来る、構え直しも出来る。

ただ、私自身はあまりベースライン後ろでのプレー自体、オススメしませんが・・・。

覚えておいて欲しいのは、ベースライン後方から前、前に出ていけばいくほど、自分で振り幅を変えていく方向性が大事。

ネット上で、適格なプレーを選択していけるかどうかは、アナタ次第です。

 

色々な場所で、色々なショットが打てないとテニスはボロが出る。

ダブルスなら、前衛後衛の両方をプレーしないといけないのが、硬式テニス。

硬式テニスのプレイヤーは、オールラウンダーでないと。

コートの中でどこに立っているのか、そこで求められるラケットワークはどんな感じなのか?

を、考えるきっかけになれば、嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ボレー

    練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

特集記事

  1. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  3. テニス 観察眼

    その他

    テニスに必要な「コミュ力」って、何?
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  5. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
PAGE TOP