テニス ストローク

ストローク

ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

試合に出ていると、気付くはずです。

ライジングショット、自分が打つ以上に、相手から打たれて返球するのが・・・難しい!と。

これは、本当にアナタ自身が上の相手と戦い始めた証拠。

そう、相手がライジングショットの使い手でも、勝ち上がっていかないといけない。

普段から、しっかり対応する意識を持ちましょう。

 

ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

 

1.ライジングショット、何が怖いと思う?

やっぱり、タイミング速く攻撃されるのが怖いですよね。

普通に待っていたら、どんどん速いショットで返球される。

ショット自体の速さ以上に、圧迫感があるはずです、実際に打たれると。

まず、ここでしっかり相手を見ておきましょう。

この相手は、そもそもライジングショットを使って来るタイプなのかどうか。

実際に使って来るタイプなら、もっともっと、普段よりも速いスプリットステップ、テイクバックをしないといけない。

特に、アナタのボールが浅くなった時点で、相手はギアを上げてくるはずですから。

そのタイミングを先読みすること、が大事ですね。

 

2.浅くなったら、速く構え直して警戒モードに

ライジングショットを打たれるのは、きっとアナタのボールが浅い時。

自分が打ったボールが浅い、と思ったら、相手はギアを上げて来ると覚悟しましょう。

少しだけ下がって、ライジングショットの守備のタイミングに切り替える。

この切り替えが早ければ、私は恐れることは無いと思いますよ。

タイミングが速いだけで、ボール自体に威力の差は無い。

しっかり速く構え直す、だけで十分です。

 

3.フラット系のショット、にしっかり対応しよう

後ろからスピンで打って来る相手でも、ライジングショットになると微妙に回転が変わる。

少し、フラット気味になると思いませんか?ライジングショットって。

その分、高い打点から打たれると強力ですが、スピンのように高く弾むボールではない。

普段から、しっかりフラット系のショットを受けることが出来ているかどうか、がポイントになります。

「でも私は女性だし、そんな女性で強力なショットは練習出来ない・・・」と思う方もいるでしょう。

確かに、気持ちは分かります。

ですが、なるべく普段の練習でフラット気味のボールも返球する練習をしておきましょう。

滑ってくるようなライジングショット、実際に試合で打たれますからね。

 

4.反撃出来れば、チャンスは拡がる

イメージしてみて下さい。

相手はライジングショットで、コートの内側に入って打って来る。

だからこそ、アナタが冷静に打って反撃出来ればチャンスはある。

もちろん、そのままネットプレーに持ち込まれることもあるでしょう。

そこまで、しっかり想定して構えておくこと。

相手のチャンスは、テニスでは自分の反撃チャンス。

速い準備で、打った後の相手の隙を突く。

結構、ライジングショットが「入るだけ」で満足している方は多いですからね。

反撃チャンス、狙っていきましょう。

 

カウンター攻撃には、カウンターが効く。

これは、テニスだけでなく色々なスポーツに当てはまるでしょう。

攻勢に出ている相手、には必ず隙が生じる。

相手がライジングショットで攻撃してくるとき、こそ、速い準備で待ち構えて反撃していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  2. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?

    スライスは得意ですか?俺は高校生の頃、バックハンドはスライスば…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で

    相手のストロークが鋭い、なかなか付いていけない。そんなときに意…

  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」
  3. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジショ…
  4. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使って…
PAGE TOP