テニス ストローク

ストローク

ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

試合に出ていると、気付くはずです。

ライジングショット、自分が打つ以上に、相手から打たれて返球するのが・・・難しい!と。

これは、本当にアナタ自身が上の相手と戦い始めた証拠。

そう、相手がライジングショットの使い手でも、勝ち上がっていかないといけない。

普段から、しっかり対応する意識を持ちましょう。

 

ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

 

1.ライジングショット、何が怖いと思う?

やっぱり、タイミング速く攻撃されるのが怖いですよね。

普通に待っていたら、どんどん速いショットで返球される。

ショット自体の速さ以上に、圧迫感があるはずです、実際に打たれると。

まず、ここでしっかり相手を見ておきましょう。

この相手は、そもそもライジングショットを使って来るタイプなのかどうか。

実際に使って来るタイプなら、もっともっと、普段よりも速いスプリットステップ、テイクバックをしないといけない。

特に、アナタのボールが浅くなった時点で、相手はギアを上げてくるはずですから。

そのタイミングを先読みすること、が大事ですね。

 

2.浅くなったら、速く構え直して警戒モードに

ライジングショットを打たれるのは、きっとアナタのボールが浅い時。

自分が打ったボールが浅い、と思ったら、相手はギアを上げて来ると覚悟しましょう。

少しだけ下がって、ライジングショットの守備のタイミングに切り替える。

この切り替えが早ければ、私は恐れることは無いと思いますよ。

タイミングが速いだけで、ボール自体に威力の差は無い。

しっかり速く構え直す、だけで十分です。

 

3.フラット系のショット、にしっかり対応しよう

後ろからスピンで打って来る相手でも、ライジングショットになると微妙に回転が変わる。

少し、フラット気味になると思いませんか?ライジングショットって。

その分、高い打点から打たれると強力ですが、スピンのように高く弾むボールではない。

普段から、しっかりフラット系のショットを受けることが出来ているかどうか、がポイントになります。

「でも私は女性だし、そんな女性で強力なショットは練習出来ない・・・」と思う方もいるでしょう。

確かに、気持ちは分かります。

ですが、なるべく普段の練習でフラット気味のボールも返球する練習をしておきましょう。

滑ってくるようなライジングショット、実際に試合で打たれますからね。

 

4.反撃出来れば、チャンスは拡がる

イメージしてみて下さい。

相手はライジングショットで、コートの内側に入って打って来る。

だからこそ、アナタが冷静に打って反撃出来ればチャンスはある。

もちろん、そのままネットプレーに持ち込まれることもあるでしょう。

そこまで、しっかり想定して構えておくこと。

相手のチャンスは、テニスでは自分の反撃チャンス。

速い準備で、打った後の相手の隙を突く。

結構、ライジングショットが「入るだけ」で満足している方は多いですからね。

反撃チャンス、狙っていきましょう。

 

カウンター攻撃には、カウンターが効く。

これは、テニスだけでなく色々なスポーツに当てはまるでしょう。

攻勢に出ている相手、には必ず隙が生じる。

相手がライジングショットで攻撃してくるとき、こそ、速い準備で待ち構えて反撃していきましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

    テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。そ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手打ちバックハンドストロークは、「インパクト時にラケットを持つ腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアッ…

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  3. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる

    ストロークでもサーブでも、スウィングの切れ味をアップしていくこと。…

  4. テニス リターン
  5. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっていては試合で勝てるはずがない

    相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか?フォアハンドスト…

  6. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスでもダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う
  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り…
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
PAGE TOP