テニス メンタル

メンタル

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。

ネットを挟んだ相手、は敵ではありますが、同時に試合を作り上げていく協力者でもある。

敵だと思うと、どこかで恐れてしまう感覚、拭えないですよね。

試合が出来る、今まさにこの瞬間、に感謝してみることって大事じゃないですか?

 

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

 


 

1.対戦相手がいなければ、試合もテニスも出来ない

当たり前ですが、これは非常にありがたいこと。

テニスは相手とボールを打ち合う競技ですから、自分一人では出来ない。

実際に、試合をしてくれる相手がいること、にまず感謝してみる。

そうすると、どうでしょう。

勝たないといけない、というよりも、「しっかり良い試合をしよう」と思えるようになりますよね。

しっかりしたテニスをすれば良い、と思えれば、かなり楽になるはず。

相手を打ち負かす、のはあくまで結果的に、で良いでしょう。

 

2.緊張してしまうのは、自分を取り繕うとするから

自分を大きく見せよう、上手く見せよう、と思う必要はありません。

試合ですから、自分が今出来るテニスをする、ことで充分。

対戦相手に、その自分をさらけ出す、見てもらうくらいの感覚で良いと思いますよ。

試合をしてくれて、ありがとう。

こういう感覚が持てると、自分もテニスを楽しもうという気持ちになりますからね。

そうなったらもう、緊張感からは解放されているはず。

自然と、少し笑顔になってるんじゃないですかね。

 

3.試合前から、少しコミュニケーションを取ってみる

みなさんは、試合前どうでしょう。

対戦相手と、少しだけ話したりする機会は無いですか?

「よろしくお願いします」という挨拶をして、トスをして試合に入る。

この部分だけでも、自分から積極的に相手に話しかけると、試合は楽に入れるはず。

本当に、ちょっとしたことですけどね。

その背景に、相手への感謝の気持ちがある。

行動に興しておけば、試合でもメンタルが安定するはず。

ぜひ、試合前に積極的に相手をリードしていく、意識を持ってみて下さい。

 

4.試合後のありがとう、の握手は心から

これも、一種の通例儀式じゃないですか。

何となく、心の無いような握手をして終わる、ような人が多いと私は感じています。

負けた方の選手は、納得できない部分もあるでしょうからね。

でも、その握手の雰囲気に、アナタ自身の器と未来、が詰まっていると私は思いますよ。

しっかりと、相手に感謝の意を伝える。

これが出来るかどうか、でその後の試合のスタンスも決まってしまう。

相手に感謝出来ない人は、これからもずっと緊張して試合をして、結果的に思うような結果は得られないような気がします。

試合後の握手、でしっかりと感謝を形にする。

青臭い考えかもしれませんが、私はコレを大事にして欲しいと思っています。

 

対戦相手に、感謝する気持ちを持つ。

これが出来ると、本当に一気に楽になるんですよね・・・なかなか、出来ないんですけど。

テニスというスポーツは、一人では何も出来ない。

試合に勝つ、ということすら出来ないということだけは、覚えておいて欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人

    どうしても、試合になるとメンタルが弱いと感じる人。実際、人の心…

  2. テニス 雑記

    メンタル

    「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント

    このサイトでも何度か紹介しているテニスノート。皆さん、練習の後…

  3. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

    最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。テレ…

  5. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  6. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

    テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。そしてそれをすぐ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
  3. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
PAGE TOP