テニス メンタル

メンタル

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。

ネットを挟んだ相手、は敵ではありますが、同時に試合を作り上げていく協力者でもある。

敵だと思うと、どこかで恐れてしまう感覚、拭えないですよね。

試合が出来る、今まさにこの瞬間、に感謝してみることって大事じゃないですか?

 

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

 


 

1.対戦相手がいなければ、試合もテニスも出来ない

当たり前ですが、これは非常にありがたいこと。

テニスは相手とボールを打ち合う競技ですから、自分一人では出来ない。

実際に、試合をしてくれる相手がいること、にまず感謝してみる。

そうすると、どうでしょう。

勝たないといけない、というよりも、「しっかり良い試合をしよう」と思えるようになりますよね。

しっかりしたテニスをすれば良い、と思えれば、かなり楽になるはず。

相手を打ち負かす、のはあくまで結果的に、で良いでしょう。

 

2.緊張してしまうのは、自分を取り繕うとするから

自分を大きく見せよう、上手く見せよう、と思う必要はありません。

試合ですから、自分が今出来るテニスをする、ことで充分。

対戦相手に、その自分をさらけ出す、見てもらうくらいの感覚で良いと思いますよ。

試合をしてくれて、ありがとう。

こういう感覚が持てると、自分もテニスを楽しもうという気持ちになりますからね。

そうなったらもう、緊張感からは解放されているはず。

自然と、少し笑顔になってるんじゃないですかね。

 

3.試合前から、少しコミュニケーションを取ってみる

みなさんは、試合前どうでしょう。

対戦相手と、少しだけ話したりする機会は無いですか?

「よろしくお願いします」という挨拶をして、トスをして試合に入る。

この部分だけでも、自分から積極的に相手に話しかけると、試合は楽に入れるはず。

本当に、ちょっとしたことですけどね。

その背景に、相手への感謝の気持ちがある。

行動に興しておけば、試合でもメンタルが安定するはず。

ぜひ、試合前に積極的に相手をリードしていく、意識を持ってみて下さい。

 

4.試合後のありがとう、の握手は心から

これも、一種の通例儀式じゃないですか。

何となく、心の無いような握手をして終わる、ような人が多いと私は感じています。

負けた方の選手は、納得できない部分もあるでしょうからね。

でも、その握手の雰囲気に、アナタ自身の器と未来、が詰まっていると私は思いますよ。

しっかりと、相手に感謝の意を伝える。

これが出来るかどうか、でその後の試合のスタンスも決まってしまう。

相手に感謝出来ない人は、これからもずっと緊張して試合をして、結果的に思うような結果は得られないような気がします。

試合後の握手、でしっかりと感謝を形にする。

青臭い考えかもしれませんが、私はコレを大事にして欲しいと思っています。

 

対戦相手に、感謝する気持ちを持つ。

これが出来ると、本当に一気に楽になるんですよね・・・なかなか、出来ないんですけど。

テニスというスポーツは、一人では何も出来ない。

試合に勝つ、ということすら出来ないということだけは、覚えておいて欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  2. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  3. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

    相手のサーブの調子が良い。そんな試合ほど、つい焦ってしまいます…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

    一度実績を残すと、それで満足してしまう人。これが多いのが、悲し…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?
  3. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる
  4. 練習メニュー

    練習に疲労感を求めて、満足する人達
  5. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイン…
PAGE TOP