その他

もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・

誰しも、一度は「審判」の経験はあるんじゃないでしょうか。

きちんと全てのルールは知らないまでも、インかアウトかを判断してカウントをコールする・・・。

でも正直、なかなか難しいですよね。

今後アナタ自身が、大事な公式戦の審判台に座ることがあるかも知れません。

今回は細かいルールややり方ではなく、知っておくと試合を円滑に回せる技術を一部、ご紹介します。

 

もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・

 


 

■学生時代の「負け審」制度って、どこかおかしい

負けたあとに審判、これってすごく精神的にもキツイですよね。

「あー、あいつ負けたんだー」みたいな眼で見られるし、さらし者みたいで恥ずかしい。

これが日本テニス界で審判員が増えない、普及しない大きな原因のような気がしてなりません。

マイナスなイメージが付いてしまっている方も多いと思いますが、いざ大切な試合で・・・となると、しっかりこなさないといけません。

 

■審判としての役割を事前にしっかり確認

一言で審判と言っても、大会によってその役割は様々です。

本当に全てのラインを責任を持って見るのか、カウントのコールだけで選手のセルフジャッジなのか、その大会により様々です。

この確認を事前に大会側と行っておかないと、大変なことになりますので注意しましょう。

 

■大事な試合の審判で「もめない為に」、一つだけ意識したいこと

もう一つ、選手からのクレームについての対応策を。

テニスの微妙な判定ジャッジでは、必ずどちらかが不利になり、不満がくすぶります。

その際に、判定が不利になる、ポイントを失う方の選手に向かって、笑顔でハンドシグナルを瞬時に出す!

「ちゃんと見てましたよ・・・安心して下さい」という意志をアイコンタクトで伝えます。

これで上手く納得してもらえる・・・かどうかは微妙ですが、私はこの方法で乗り切った試合がたくさんあります。

ハンドシグナルは、コートに入っている場合は掌を下に向けて前に出す、アウトの場合は人差し指を上に立てる、普段の皆さんのセルフジャッジで用いるサインと同じです。

プロ選手の動画を観ながら、イメトレなんかも家でしてみると良いでしょう!

 

最初は「面倒だな・・・」と思うかもしれませんが、審判の眼を養うとアナタの試合力は上がります。

「あぁ・・・この選手、メンタルやられたな」とか、手に取るように分かる。

まるで自分がその場で試合をしているような感覚で、経験を積めるのです。

もちろん、セルフジャッジに必要な視力も養えますし、ルールも勉強することで覚えます。

ぜひ、機会があれば積極的に審判台に乗るようにしてみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  2. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  3. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取っていくのが常套手段です

    スポーツにおいて、「自分の作戦はなるべく相手に悟られないように・・・」…

  4. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶対必要!

    あまり詳しくは覚えていないけど、幼稚園に入園した頃から喘息の発作に苦し…

  5. テニス サーブ
  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  4. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて…
  5. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう
PAGE TOP