テニス ストローク

練習メニュー

テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニュー

レベルの高いダブルスの試合では、必ずストレートリターンの展開が増えてきます。

いつまでもストレートを守っているペアには、逆にここを突いて攻めていきましょう。

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:後衛がストレートに展開し、その流れで攻め切ってポイントを取る

 


 

【練習内容】

雁行陣の後衛からストレートに展開し、それを並行陣の前衛がボレーで返球したところからスタート。

ボレーの返球は後衛に深く返球するか、余裕があれば赤の前衛の足元やアングルボレーを狙う。

いずれにせよ、雁行陣の後衛が先手を取って攻撃的に攻めていく。

ストレートにくると決まっているので、並行陣の前衛が最初にどのようなボールを打つかがポイント。

ボディを狙うか、ネットと離れているようであれば足元に沈めるのもGOOD。

低めのロブで触らせる、中ロブの攻撃も有効です。

 

【発展練習】

雁行陣の後衛が1球目を打つケースで、どこに打ってもOK、そのボールを必ず、並行陣の前衛が触ったところからスタート。

ダブルスの試合で必要な駆け引きを練習する。但し、あまりに厳しいクロスへのボールを打つのは不可。

並行陣側の前衛が触れなければ、それだけで雁行陣のポイント、という形式で行う。

 

並行陣の前衛が前後にはっきりしたポジションを取って、雁行陣の後衛と駆け引きをする。

雁行陣の後衛は球出しのボールを打つ準備をしながら、視界に相手の前衛のポジションも把握する。

それに応じてロブ、ディンク(足元に沈めるゆっくりした)ショットを選択していく。

打ったところからポイント形式でラリー。しっかりと肩を入れた打ち方を意識すること。

 

【ポイント】

ダブルスはレベルが上がるほどに、ストレートへの展開が増えてくる。

ストレートへ打つときには、「打ったら抜ける」ではなく、「返球される」というのを大前提に準備しなければ戦えない。

パートナーとの連携をしっかり練習し、自信を持って自分から展開できるようにしておきましょう。

相手の前衛と駆け引きするときには、深視力(自分との距離を測る視力)を磨いておくこともとても大切。

前衛と一言に言っても、50cm違うだけでかなりコートカバー域は変わってくる。

相手のポジションと癖、性格を客観的に捉えることができれば、より戦い易くなります。

 

【メニュー作成者より一言】

ダブルスで自分が前衛にいるときに、ストレートに来たボールをしっかり返球できる人は意外と少ない。

「ストレートを守っていたのに、何故・・・?」と自分も周りも不思議になることも多いが、ここには言葉のマジックがあると思う。

「ストレートを守る」という言葉、この日本人が大好きな言葉は、とても曖昧で後ろ向きな言葉。

試合では使わないようにしましょう。

くる場所で待っているのであれば、そこからは攻めるだけしか選択肢は無い。

積極的にストレートへ展開する・される、という経験を、まずは練習からしっかり磨いてもらいたいです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  2. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  3. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険

    テニスは練習で上手くなる。これは、ある意味危険な発想だと私は思…

  4. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  5. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  6. テニス 練習

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  2. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  4. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない
  5. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう
PAGE TOP