戦術

持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手

テニスの試合、1セット待ちなら30分から1時間くらい。

だいたい、これくらいの時間で終わりますよね。

思い出してみると、試合によっては全てのショットを打たないこと、もあります。

自分のショットを、どうマネジメントして使っていくのか。

テニス選手には、この力が求められるんです。

 

持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手

 


 

1.試合が上手い人、下手な人

これって、結構差があると思います。

技術的なレベルはそんなに差が無くても、試合をするとスコア差がひらく。

差って、何なんでしょうね。

私は、自分を知ることが出来ているかどうか、マネジメント出来ているかどうか、が大事だと思います。

苦手なショットがあれば打たない方法を考えるし、得意なショットはどんどんボールが集まるように仕向けていく。

これが出来る人は試合で強い、それだけの話だと思います。

 

2.相手に打たれる、じゃなくて打ってもらう

しっかりと、意識を持っておきましょう。

相手をコントロールするのは、自分なんだと。

自分が打って欲しいところがあって、そこに相手に打ってもらうように仕向けていく。

私はフォアハンドの回り込み、を打っていきたいので、ポジション的に左に寄ってフォアを空ける。

そこから逆クロス、フォアボレー、という流れで打ちたいので、右側を空けてシングルスの試合を進めたりします。

他にも、スマッシュを打ちたいから前に出てプレッシャーをかけてロブを上げさせたり、色々出来ますよね。

大事なのは、アナタ自身が相手のショットを引き出す、ということ。

プレッシャーをかけて、意図的に配球させることが大事です。

 

3.自分のショットを、管理しよう

試合の中でも、良い、悪いはあります。

調子の波が無い選手なんて、いないですから。

例えばサーブの調子が悪いなら、どうするのか。

いつものサーブ&ボレー、並行陣は厳しいから、雁行陣でいくのも有り。

こういう選択を、自分の中で決断出来るかどうか、ですね。

サーブの調子が悪いだけで、もう試合を投げてしまうような人も多いじゃないですか。

それだと、いつまで経っても安定した成績は残せないですよ。

 

4.調整力に、波は無い

これをみなさん、武器にしましょう。

マネジメント力、調整力に、波はありません。

いや、実際はあるでしょうけど・・・少ないはず。

調子が悪い時に勝ちを拾う力は、養っていけば必ず身に付きます。

「こうやって戦えば良いのか」という気付きを、重ねていくこと。

もちろんこのサイトでもたくさんヒントをお伝えしたいのですが、こればっかりはみなさんが経験していくことが一番。

ちょっとしたことで、試合は変わる。

それに気付ければ、テニスの試合はもっと結果が変わって来るでしょう。

 

自分を知り、自分を使う。

どんなショットも、レベルのばらつきがあって当然。

その日の調整もありますからね。

それにいちいち、イライラしない。

受け入れてどう戦うのか、毎回しんどいですけど、考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

  2. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

    ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。これは、何…

  3. 戦術

    かくも、予測は難しいものなのか?

    最近、私自身が改めて感じること。テニスの試合で強い、結果を出…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう

    テニスの試合、強い相手をなぜ強いと感じるのか。それって、「これ…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

    試合の中で、苦しい場面。みなさんは、それはどんな時だと思います…

  6. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  2. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟
  4. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない
PAGE TOP