リターン

リターンでの左利きシフトは、大胆に

試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。

かなり厳しいコース、を狙われますよね。

自分のバックハンド側に切れていくスライスサーブ、はまず塞がないと試合にならない。

レベルが上の相手になって来ると、どんどん狙われることを覚悟しましょう。

 

リターンでの左利きシフトは、大胆に

 


 

1.大胆にいこう!

私はいつも、大胆にポジショニングを取ります。

立つ位置を、もうダブルスのサイドラインくらい、まで外に出ちゃいます。

相手から見ても、明らかにワイドを警戒している、と思わせる。

そこから、実際に相手が打つ瞬間には少し右側にポジションを戻す。

そうすることで、センターも充分に触れます。

右利きの方であればセンターへのサーブはフォアハンド、になりますからね。

まずは、相手にプレッシャーをかける。

「ワイドに打っても、無駄だよ」というメッセージを明確にしていくこと、が大事なんです。

 

2.逆に、相手がトスアップしてから左に動く

これも、有りですね。

あえて空けておいて、打たせて仕留める。

相手がトスアップしたらもう目線はコチラを向いていないので、どこに動いてもバレないですから。

ワイドに打ったら、そこにいる・・・!みたいな感じに、仕向けていきたい。

これも、ある意味大胆な作戦でしょう。

意識したいのは、両方ポジショニングです。

思いっきり外側に立って良い、そこからセンターに来ても、左利きのサーブは向かって左側に曲がりますから。

触れないようなコース、にはなかなか来ないはずですよ。

 

3.強い相手ほど、ポジションを見て来る

アナタ自身のポジション、をしっかりチェックしてくる。

これは、強い相手ほどその傾向が強いです。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「見せる」力。

バレないように、というのも一つの手ですが、私はあえて見せていく方が良いと思いますよ。

気持ち良くサーブを打たせない、ことから全ては始まります。

強い相手ほど、アナタ自身を見て来るはず。

だからこそ、どんどん利用させてもらいましょう。

 

4.左利きサーブ、怖く無い!

と、自分にしっかり自信を持ちましょう。

対策を練れば、大丈夫。

逆に、サーブが得意選手ほど、そのサーブだけを攻略すればガクッと落ち込んでくれる。

特に、最初のゲームですね。

ハッキリ大胆なポジションを見せて、揺さぶってみる。

得意なコースに打たせない、という意識だけで充分だと思います。

繰り返しますが、センターへのナイスサーブはしょうがない、というスタンスでいきましょう。

曲がって来ますし、フォアハンドなので大丈夫です!

 

相手のサーブを打って来るポジション、もよく見ておきましょう。

コートの端、から打って来るようなら、よりアナタ自身のポジションも外寄りに調整しないといけない。

センター寄りなら、少しセンターもケアする態勢で。

左利き、と一言で言っても様々。

ぜひ、貪欲に経験を積んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. その練習を、疑おう
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  2. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  5. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  6. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃
  3. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  4. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない
  5. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
PAGE TOP