テニス ボレー

ダブルス

並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。

どうやってその陣形にもっていくのか、そこが難しいところですよね。

ここで必要なのは、「遅い」ショット。

テニスで陣形を変える時には、絶対に必要になりますからね。

ぜひ、アナタ自身もう一度、磨いて欲しいショットなんです。

 

並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

 

1.今一度考えましょう、なぜ「スライス」なのか?

テニススクールで、アプローチショット、前に出るショットを習うとき、基本はスライスですよね。

これは、なぜなのか。

改めて、考えてみましょう。

アナタがボールを打って、前に走る。

当然、相手が打つときにはスプリットステップで止まらないといけない。

だからこそ、「遅さ」が必要なんです、ボールに。

打ったボールが速いと、当たり前ですが相手はすぐに触れる。

数歩しか前に出れない、なんてことになりますからね。

遅いと、それだけ時間が使える。

だから、滞空時間が長いスライス、が便利なんです。

並行陣に移行していく、前に出るときには本当に使えるショットです。

 

2.相手の後衛に、確実に触らせよう

それでも、ここで問題が!

相手には、前衛がいますからね。

いくらアナタが遅いショットを打っても、それを相手の前衛に触られては時間が作れない。

もう、並行陣を作ることは難しいでしょう。

出来るだけ、確実に相手の後衛に触らせたい。

その為に、何が必要だと思いますか?

自分たちが並行陣を作るために、必要なのは「相手の前衛を足止めすること」じゃないですか?

 

3.スライスロブを、早めにストレートに打っておこう!

これは、試合の序盤で打っておきましょう。

相手の前衛に、「アナタのことも、見てますから」と伝える。

こうすることで、相手の前衛はアナタのアプローチショットに絡めなくなる。

絡めなくなってくると、もう安心してスライスで相手後衛にアプローチ、が出来ますからね。

前衛にちょこまか動かれると、厄介。

これを防ぐのにも、やっぱりスライスって最高なんですよ。

打ち方がバレない、ですからね。

 

4.ロブでもクロスへのアプローチでも、構えは一緒で!

これが大事です、並行陣を作っていくには。

スライスロブ、の雰囲気を作りつつクロスへスライスでアプローチ。

試合が上手い人って、こんなショットの雰囲気、ないですか?

打ち方が一緒だと、前衛は動けない。

ロブをまず警戒してくれますからね。

相手後衛にスライスアプローチ、だけだとさすがにポーチの餌食になりますから。

アナタ自身、このショットの雰囲気、から磨いて欲しい。

それが、並行陣への鍵になるはずです。

 

きっと、みなさんもっとスライスアプローチ、使って良い。

それも、ロブと組み合わせて。

並行陣のポジションをしっかり取る、遅いショットはスライスで。

その理由も考えながら、練習してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  3. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  2. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ
  3. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!
  4. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
PAGE TOP