テニス サーブ

ダブルス

「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイント5つ

テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は並行陣での展開を練習する機会が多くなります。

テニススクールでも、上級クラスになる前には必ず通るこの道ですが、雁行陣の後衛からクロスへアプローチを打って、そのまま前に行くという形がオーソドックスですよね。

このクロスへのアプローチショットを磨くと、そこから並行陣でのポイントも獲りやすくなります。

学生の皆さんも、ぜひ機会があれば練習して使ってみて下さい!

 

「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイント5つ

 


 

1.まずはスピードよりもコースを重視

アプローチショットはその名の通り「近づく」というショットですので、スピードは必要ありません。

逆に早過ぎると自分が前に行くフットワークが追い付いていかず、相手に隙を与えてしまうことにもなります。

まずは深さ、コースを重視。

特に深さがあると相手はプレッシャーに感じてくれますので、ベースライン内側50cmを狙いたいところです。

 

2.相手が打つタイミングではスプリットステップ

アプローチショットを打ったら、前に移動して相手が打つ少し前にスプリットステップ。

相手の様子を伺いつつ、しっかり打ってくるようであれば低めのローボレーが返せるように態勢を低く。

また、追い込まれてロブを上げてきそうであれば、パートナーの前衛の後ろをケアするよう意識しましょう。

ステップ+相手を観察しての予測、を癖付けておきましょう。

 

3.相手前衛がポーチの気配が無ければ、ネットの高い位置を通したい

1.でも述べた深さについて、クロスの長い距離のアプローチショットですから、ぜひ攻撃的にいきたいところ。

深さを出す要素としては、ネットの高い位置を通すことで安定感があり、さらに深さを出すアプローチを打つことができます。

さらにスピン、またはスライスの回転をしっかりかけることで、バウンド後に伸びのあるボールを打てるようにもなります。

追い込めるショットを深さ+回転量で磨いていきましょう。

 

4.オプションとしてドロップショットのアプローチも忍ばせておく

ミックスダブルスで特に有効なのが、深いアプローチショットにドロップショットを混ぜること。

大切なのは、前衛ともしっかり話しておいてストレートへの展開をケアしておくことと、自分も必ず前に入ること。

4人でネット前に近づく、という4アップの陣形は、アプローチからも導き出せるので練習しておきましょう。

前が苦手な女性には、ミックスダブルスでもどんどん使っていきたい戦法です。

 

5.スライスとスピンの特性を理解して使い分ける

上級者であれば、回転の種類を打ち分けて相手にプレッシャーをかけましょう。

時間をじっくり使うならスライス、スピード感を重視するならスピン。

相手の得意、不得意も、試合が始まって早めに見極めておくと使い分けやすいです。

大切なのは、プレーが一本調子にならないこと。

変化を見せてこそ、相手は迷い警戒してくれるのです。

 

基本的なこのアプローチからの展開ですが、どうしても初中級者の方はネットプレーに先に頭がいってしまい、アプローチを疎かに惰性で打ってしまう傾向にあります。

この精度が悪いと、どんなにネットプレーに集中しても、攻められて相手にポイントを奪われるだけです。

上のレベルの試合になると、相手前衛も積極的にこのアプローチを狙ってくることが想定されます。

常にこのサイトで言い続けている、「ストレートアピール」も欠かさないようにしましょう。

あとは積極的な気持ちを持って、思い切って振り切って前に行くだけです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

  2. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  3. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  4. テニス ダブルス
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  4. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  5. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
PAGE TOP