テニス ダブルス

ダブルス

雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースだとより効果的

ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多いはず。

後衛がしっかりストロークで粘って、チャンスがあれば・・・浅いボールから前に出る、こともありますよね。

並行陣にポジションチェンジ、するときのクロス方向へのアプローチショット、皆さんコースはどうですか?

 

雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースだとより効果的

 

1.クロス方向へのアプローチショット、から前に出れてる?

コースの前に、浅いボールの処理から・・・。

皆さん雁行陣から並行陣、上手く移行出来ているでしょうか?

「よくわからないし、ボレー苦手だからそのまま後ろに戻る・・・」という方も、多いと思います。

確かに、並行陣は難しい。

でも、浅いボールを打ってその後下がるのって、やっぱりテニスでは良い動きとは言えない。

「ボレー、私は出来ません」と白旗を上げているようなもんですからね。

まずは浅いボールを打ったら前に入る、ことは事前に決めて試合に入りましょう。

 

2.何となく、ワイドに相手を走らせたいけど・・・

浅いボール、何となくワイドに打ちたいですよね。

アレーに打って相手を走らせたい・・・と思うところですが、実はこれって危険。

相手が外に出れば、それだけストレートアタックも外から来るし、ショートアングルのコースも狙われやすくなる。

実は、自分たちの守備範囲はどんどん広くなっていくのです。

だから狙うのは、相手のコートの中心付近、センター寄り。

「前衛がいるじゃん!」と思うでしょうが、ここは思い切って前衛に触られても良い、くらいの気持ちで打ちましょう。

意外とアプローチショットって、相手前衛は触れないもんなんですよ。

 

3.相手がしっかり打って来る、時にポーチは出辛い

相手前衛の気持ちになって考えれば、分かります。

しっかりした構えから浅いボールを攻撃しようとしているのに、ポーチは出辛い。

自分もストレートを守らないといけないし、とても後衛を助けるような気持にはなれないのです。

この引いた気持ちに付け込むのが、今回の作戦。

センター寄りのショットを後衛に打てれば、それだけでチャンスは広がる。

ワイドに走らせようと打たなくても、センターに打って前でのチャンスを決めることが出来る。

ぜひ、雁行陣の中で試してみて下さい。

 

こうやって書かれた文章で、皆さんもイメージしてみて下さい。

雁行陣、センター、前衛・・・うーん・・・動画が観たい!となりますよね。

でも、多少違ってもイメージすること、が大事なんです。

文字からイメージ出来たことは、文章で記憶出来るし言葉に出来る。

だからこそ、自分の血となり肉となり、武器になっていく。

いずれ、こちらのサイトでも動画の素材は準備していきたいと思ってます。

それまでに・・・しっかり文章に強くなる、ことを意識してお互い頑張りましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント

    ダブルスの試合に強いペア、はあるタイミングですぐに分かる。頭上…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
  3. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する
PAGE TOP