テニス メンタル

ストローク

スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能性が高いです

ベテラン選手の中には、スライスを得意にしているプレイヤーの方が多い。

本当に伸びのあるスライスは、どのコートサーフェスでも脅威になり、学生の皆さんもてこずる方が多いはず。

ソフトテニスを経験されていた方も、硬式テニスのスライスに慣れるまでは時間がかかりますよね。

今回は、「ストロークとして、伸びのあるスライス」をテーマに考えてみます。

男性だけでなく、女性の方にもおすすめです!

 

スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能性が高いです

 


 

1.打点が近いと、スライスは伸びが出ない

ボレーはなるべく顔とラケットを近づけて・・・という基本がありますが、ストロークは少し違います。

ある程度顔から話して、身体と打点を近すぎないように調整しないと伸びが出ません。

伸びを出すには、ラケットの遠心力を使う必要があります。

ですので、肘を曲げ過ぎるとラケットのパワーを上手くボールに伝えることが難しくなるのです。

 

2.肘の曲げ伸ばし、でボールを飛ばすのは危険!

スライスショットでよくある間違いが、肘の曲げ伸ばしでボールを飛ばそうとする人。

これは安定しないですし、ボールを押し出していくというよりこすってしまう動きになる。

だから浮いてしまって相手にとって打ちやすい、チャンスボールになりがちです。

しっかり肘は伸ばした状態から、打点を前にとってフォロースルーはコートと並行、くらいまっすぐに出してみましょう。

意外とフラットに近い形でも、良いスライスになるはずです。

 

3.ラケットを持つ手首の固定も忘れずに

バックハンドでもフォアハンドでも、手首の角度が変わってしまうとNG。

何となくこねたりするような打ち方、になっている人は矯正しましょう。

しっかり固定していれば、それだけで抑えの効いた安定感のあるスライスになってくれる。

打点を少し遠目、肘をリラックスして伸ばし、手首は固定する。

まずこの3点を意識してスライスのストロークは練習してみましょう。

あ、それから横向きをしっかり作ることも大事です!

 

スピン主体の選手、が今のテニス界は主流です。

つい練習でもスライスを打っていく機会、打ってもらう機会って少なくなると思います。

試合では、これって危険。

色々なプレースタイルの選手がいる中で、偏った環境で練習を続けることが無いように意識しましょう。

まずはスライス、たくさん打っていくことですね!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実について

    テニスの基本、それは常に変化している。もちろん、変わり無い基本…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつなぎがグッと楽に

    スライスでのアプローチショット、ベースラインから打っていく選手は減って…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?

    最近よく、頂くご質問の中から。「片手バックハンドストロークです…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
  3. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう
  4. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安…
PAGE TOP