テニス スライス

ストローク

クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定します

試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?

シングルスでは苦しい時、時間を稼ぎたいときにしっかりクロス方向に打てるとプレーに粘りが出ます。

またクロス方向に安定して打てると、ダブルスの雁行陣でも使えて便利ですよね。

このクロス方向へのスライスストロークのポイント、シンプルに「ラケットをどうボールに入れていくか」で考えると楽に打てます。

女性の方でも、両手打ちバックハンドの方にも使える「あるコツ」について、書いてみます!

 

クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定します

 


 

■クロス方向への基本的な打ち方は、ボールの外側を打つこと

クロス方向へボールを飛ばしたいなら、ラケットでボールの外側を捉えることが大前提。

その為には打点もストレート方向に打つより少し前にして、ラケットヘッドがしっかり前に出て行かないといけません。

この基本はスライスのストロークを打つ時にも有効な基本です。

ただし、スピン系のショットを打つ時よりは多少打点を自分の身体の近くに設定して、しっかり引き付けてボールの外側を打つように意識しましょう。

 

■手首の角度は変えないで、しっかり上半身のひねり戻しを使う

攻撃的なスライスショットをクロス方向に打つには、しっかり横を向いてスクゥエアスタンスかクローズドスタンスを作りたい。

前に踏み込んで、相手に背中を向けるくらい、しっかりひねった形を作りましょう。

フォアハンドでもバックハンドでも、まずは足を決めてしっかり相手に背中を向ける態勢を作る。

そして角度を90度に固めた手首をそのままに、ボールの外側にラケットを入れてみましょう。

打った後にグーッと前に押し出すようにフォロースルーをとれば、バッチリです!

 

■打った方向をすぐに向かずに、ゆっくりフォロースルー

スライスショットが軽くなる人は、打った方向に身体が開いていく傾向にあります。

早く結果が見たい、という気持ちも分かりますが、まずはしっかり体重を乗せたショットにする為に、打点に顔を残しましょう。

自分が打ったボールが、どういう角度で飛んでいくかはインパクト面が全て。

しっかりボールの外側を捉えることが出来れば、後は自然にボールはクロス方向に飛んでくれる。

フォロースルーのスピードも、少しゆっくり目に意識すると伸びのあるスライスになります。

 

まずはスライスのストローク、自分の感覚で良いので打ってみて下さい。

きっと最初はなかなか、上手くいかないでしょう。

それでもボールに当てる角度で、飛んでいく方向だけはある程度コントロールできるはずです。

スライスは難しいし、トッププロの男性が使うショット・・・ではありません。

最終的には攻撃的なショットに仕上げていけるよう、少しずつ頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」があ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない

    バックハンドを片手で打つ、シングルバックハンドのストロークの皆さん。…

  4. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっかり前に取って見直そ…

    今回アンケートを実施させて頂き、改めて「チャンスボールを打ち込めない・…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい
  2. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  3. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?
PAGE TOP