ストローク

今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。

シングルスでもダブルスでも、試合の流れを大きく変える飛び道具として、ぜひ身に付けておきたいですよね。

その為にも、メリットとデメリットは整理して覚えておきたい。

完璧なショットなんてテニスではありません。

ですが確実に言えるのは、試合に勝つために、ドロップショットは必要だということです。

 

今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

 


 

■ドロップショットのメリット

・相手を疲れさせることが出来る

・相手のポジションを前にして、後ろで粘りにくくさせる

・ネットプレーが苦手な相手をネットに引っ張り出す

・決まれば会場も盛り上がり、試合の流れを大きく動かすことが出来る

 

まずメリットについては、やはり攻撃にアクセントを付けることが出来る点。

強打が売りの選手なら、錦織選手のようにドロップショットを組み合わせると、よりその強打が活きる。

それからネットプレーが苦手な相手に対して、前に引っ張り出すことが出来る点が挙げられるでしょう。

そして私が推したいのは、試合の流れを左右させるくらい、成功すると自分も会場の応援も盛り上がっていけるという点。

自分から攻撃的にいく、主導権を握っていくためには、ドロップショットは必要不可欠なショットになります。

 

■ドロップショットのデメリット

・技術的には高いレベルが求められる

・ミスする、甘くなると相手の得点になりやすい

・疲れたときに安易なドロップショット頼みになりやすい

 

デメリットも当然、あります。

まずはやはり、技術的には難しいタッチプレーになりますので、上級者でも少しでも打点がずれると入らない、甘くなってしまう怖さはある。

そしてテニスが上手い選手ほど、疲れてくると「困ったときのドロップショット」頼みになって、プレーが単調になりやすい。

ドロップショットは成功すれば大きな波を創り出せますが、失敗しても同様に、相手を大きく勢いづかせてしまうことになるのです。

 

■まとめると・・・まずは失敗しても、使っていこう!

まとめると、私の意見ではまず「試合の序盤に使っていこう!」ということになります。

試合の序盤なら、ポイントを失ってもプレッシャーは少ないですし、相手に「ドロップショットもある」という印象を残すことが出来ます。

確かに技術的には難しいショットですが、試合の中で使っていかないと絶対に身に付かないショットでもあります。

試合で使っていけば、その有効性が見えてきてより練習にも身が入るでしょう。

まずいのは、自分には無理と決めつけて避けてしまうこと。

ドロップショットが使えないテニス選手、はとてももったいないと私は思います。

 

デメリットの中でも書きましたが、「甘くなること」「失敗すること」って、実は大きな問題では無い。

だって失敗しても甘くなっても、相手からすると嫌ですよ。

特にずっと後ろで打っているのが好きな選手、にとっては浅いボールは処理が難しい。

ぜひ、試合の中でドロップショット、チャレンジしてみて下さい。

その後、練習で技術を研究していく。

そうすると、感覚を掴みやすいと思います。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘るのは難しい

    ストロークのときの自分の軸足、意識出来ていますか?踏み込んで攻…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

    ストロークをパワーアップさせたいけど、コントロールが出来なければ意味が…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」

    ライジングでストロークが打てないとどうなるか。深いショットが飛…

  5. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

  6. テニス スライス

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  3. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  5. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも…
PAGE TOP