ストローク

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

目次

スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。

ベテランやシニアの方であれば、シングルスの試合で使う機会も多いでしょう。

女性の方でも、ストロークで相手のスライスに、しっかり対応出来ますか?

これが出来ないと、試合で大きな弱点を抱えることになります。

 

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

 

1.スライスストローク、返球出来ますか?

スピンとはバウンドが異なる、弾まないで滑ってくるようなボール。

これにしっかり、対応出来てますか?

まず、相手から「スライスを打たれる」という機会が、絶対数無いと厳しいですよね。

気持ち良くスピンで打ち合っているだけだと、試合でこういう技巧派の相手に苦戦する。

スライスの上達で大事なのは、いかに日々の練習の中で自分も「スライスを打たれる」機会があるかどうか。

その数が少ない、と感じている人は、危機感を持ちましょう。

 

2.スライスストロークは、スライスでの返球が楽

よく、プロ選手の試合でもあると思います。

バックハンドストロークで、片方の選手がスライスを使いだすと・・・相手の選手もスライスで応戦する。

これは、回転の種類が同じだと打ちやすい、リズムが取りやすいから。

実際に、一般の方でもそうだと思います。

スライスで低く滑ってくるようなボールを、しっかりスピンで打つのは難しいですしね。

もちろん、連続攻撃で速い攻めが必要な時はあります。

必ずスライスで返球しないといけない、という訳ではありませんが、スライス同士のストローク、リズムの取り方は練習しておく必要がありますね。

 

3.ショートラリーからスライスを使おう!

私のオススメの練習は、これです。

まず、最初のウォーミングアップからスライスを使う。

お互いのスライスでのラリーも混ぜることで、良い回転の感覚が養えます。

それに、練習の初めにスライスを使うことで、「よし、今日も意図的にスライスを混ぜていくぞ!」となりますからね。

スピン以外にも、自分の中でスイッチを入れていく。

この習慣って、大事ですよ。

普段からいかにスライスを打って、スライスを受けるのか。

この回数を増やす工夫、特に学生のみなさんにこそ必要だと思います。

 

4.スライスストロークは、利点がいっぱい!

どうしても、守備的なイメージが強いんじゃないでしょうか。

でも、スライスストロークって本当に利点がいっぱい。

むしろ攻撃において、その特徴は活かせると私は思っています。

相手の打点を下げさせることが出来るし、同じ構えからドロップショットも打ちやすい、グリップチェンジしないでネットプレーにも移行出来る。

結構、良いことずくめだと思いませんか?

チェンジオブペースの一つとして、ただ混ぜるだけでもアナタ自身のテニスに幅が生まれること間違いなし、です。

私たちはまだ、スライスの本当の価値に気付いていないだけ。

きっと、試合に出て使ってこそ、その価値が見えてくるんだと思います。

 

スライスストローク、が上手くなると・・・実は、ボレーも上手くなります。

上級者のボレーは良いスライス回転がかかってますよね。

この低く滑るコントロールされたボレー、スライスストロークの動きが基本になる。

ぜひ、普段からスライスを意識して使ってみて下さい。

アナタのテニスが、強く変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  3. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  4. ストローク

    打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

    ストロークでもボレーでも、これが大事なポイント。腕力に任せてラ…

  5. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブル…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている
  2. ボレー

    テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え
  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの…
PAGE TOP