ストローク

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。

ベテランやシニアの方であれば、シングルスの試合で使う機会も多いでしょう。

女性の方でも、ストロークで相手のスライスに、しっかり対応出来ますか?

これが出来ないと、試合で大きな弱点を抱えることになります。

 

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

 

1.スライスストローク、返球出来ますか?

スピンとはバウンドが異なる、弾まないで滑ってくるようなボール。

これにしっかり、対応出来てますか?

まず、相手から「スライスを打たれる」という機会が、絶対数無いと厳しいですよね。

気持ち良くスピンで打ち合っているだけだと、試合でこういう技巧派の相手に苦戦する。

スライスの上達で大事なのは、いかに日々の練習の中で自分も「スライスを打たれる」機会があるかどうか。

その数が少ない、と感じている人は、危機感を持ちましょう。

 

2.スライスストロークは、スライスでの返球が楽

よく、プロ選手の試合でもあると思います。

バックハンドストロークで、片方の選手がスライスを使いだすと・・・相手の選手もスライスで応戦する。

これは、回転の種類が同じだと打ちやすい、リズムが取りやすいから。

実際に、一般の方でもそうだと思います。

スライスで低く滑ってくるようなボールを、しっかりスピンで打つのは難しいですしね。

もちろん、連続攻撃で速い攻めが必要な時はあります。

必ずスライスで返球しないといけない、という訳ではありませんが、スライス同士のストローク、リズムの取り方は練習しておく必要がありますね。

 

3.ショートラリーからスライスを使おう!

私のオススメの練習は、これです。

まず、最初のウォーミングアップからスライスを使う。

お互いのスライスでのラリーも混ぜることで、良い回転の感覚が養えます。

それに、練習の初めにスライスを使うことで、「よし、今日も意図的にスライスを混ぜていくぞ!」となりますからね。

スピン以外にも、自分の中でスイッチを入れていく。

この習慣って、大事ですよ。

普段からいかにスライスを打って、スライスを受けるのか。

この回数を増やす工夫、特に学生のみなさんにこそ必要だと思います。

 

4.スライスストロークは、利点がいっぱい!

どうしても、守備的なイメージが強いんじゃないでしょうか。

でも、スライスストロークって本当に利点がいっぱい。

むしろ攻撃において、その特徴は活かせると私は思っています。

相手の打点を下げさせることが出来るし、同じ構えからドロップショットも打ちやすい、グリップチェンジしないでネットプレーにも移行出来る。

結構、良いことずくめだと思いませんか?

チェンジオブペースの一つとして、ただ混ぜるだけでもアナタ自身のテニスに幅が生まれること間違いなし、です。

私たちはまだ、スライスの本当の価値に気付いていないだけ。

きっと、試合に出て使ってこそ、その価値が見えてくるんだと思います。

 

スライスストローク、が上手くなると・・・実は、ボレーも上手くなります。

上級者のボレーは良いスライス回転がかかってますよね。

この低く滑るコントロールされたボレー、スライスストロークの動きが基本になる。

ぜひ、普段からスライスを意識して使ってみて下さい。

アナタのテニスが、強く変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

    サーブを打って、返って来たボールをドーン!プロ選手では、お決ま…

  5. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK
  4. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる
  5. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンド…
PAGE TOP