ストローク

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。

ベテランやシニアの方であれば、シングルスの試合で使う機会も多いでしょう。

女性の方でも、ストロークで相手のスライスに、しっかり対応出来ますか?

これが出来ないと、試合で大きな弱点を抱えることになります。

 

スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

 

1.スライスストローク、返球出来ますか?

スピンとはバウンドが異なる、弾まないで滑ってくるようなボール。

これにしっかり、対応出来てますか?

まず、相手から「スライスを打たれる」という機会が、絶対数無いと厳しいですよね。

気持ち良くスピンで打ち合っているだけだと、試合でこういう技巧派の相手に苦戦する。

スライスの上達で大事なのは、いかに日々の練習の中で自分も「スライスを打たれる」機会があるかどうか。

その数が少ない、と感じている人は、危機感を持ちましょう。

 

2.スライスストロークは、スライスでの返球が楽

よく、プロ選手の試合でもあると思います。

バックハンドストロークで、片方の選手がスライスを使いだすと・・・相手の選手もスライスで応戦する。

これは、回転の種類が同じだと打ちやすい、リズムが取りやすいから。

実際に、一般の方でもそうだと思います。

スライスで低く滑ってくるようなボールを、しっかりスピンで打つのは難しいですしね。

もちろん、連続攻撃で速い攻めが必要な時はあります。

必ずスライスで返球しないといけない、という訳ではありませんが、スライス同士のストローク、リズムの取り方は練習しておく必要がありますね。

 

3.ショートラリーからスライスを使おう!

私のオススメの練習は、これです。

まず、最初のウォーミングアップからスライスを使う。

お互いのスライスでのラリーも混ぜることで、良い回転の感覚が養えます。

それに、練習の初めにスライスを使うことで、「よし、今日も意図的にスライスを混ぜていくぞ!」となりますからね。

スピン以外にも、自分の中でスイッチを入れていく。

この習慣って、大事ですよ。

普段からいかにスライスを打って、スライスを受けるのか。

この回数を増やす工夫、特に学生のみなさんにこそ必要だと思います。

 

4.スライスストロークは、利点がいっぱい!

どうしても、守備的なイメージが強いんじゃないでしょうか。

でも、スライスストロークって本当に利点がいっぱい。

むしろ攻撃において、その特徴は活かせると私は思っています。

相手の打点を下げさせることが出来るし、同じ構えからドロップショットも打ちやすい、グリップチェンジしないでネットプレーにも移行出来る。

結構、良いことずくめだと思いませんか?

チェンジオブペースの一つとして、ただ混ぜるだけでもアナタ自身のテニスに幅が生まれること間違いなし、です。

私たちはまだ、スライスの本当の価値に気付いていないだけ。

きっと、試合に出て使ってこそ、その価値が見えてくるんだと思います。

 

スライスストローク、が上手くなると・・・実は、ボレーも上手くなります。

上級者のボレーは良いスライス回転がかかってますよね。

この低く滑るコントロールされたボレー、スライスストロークの動きが基本になる。

ぜひ、普段からスライスを意識して使ってみて下さい。

アナタのテニスが、強く変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  2. テニス 戦術
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ

    両手打ちバックハンドストローク、どこか「合わせるだけ」になってはいませ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くしてみよう

    ストロークの打点が毎回違う人は、試合で安定感が無い。打点が変わ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

    シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない
  2. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
  3. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けか…
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶ…
  5. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
PAGE TOP