テニス ストローク

ストローク

ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

手堅い並行陣、をどう崩していくのか。

ベテランプレイヤー、は本当にポジショニングが上手い。

やみくもにバコバコ打っていっても、それは自滅への道を進むだけ。

さぁ、具体策は・・・何でしょう?

私なら、ドライブボレーをお勧めします!

 

ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

 


 

1.なぜ、並行陣は手堅いのか?

イメージしてみましょう。

なぜ、相手の並行陣が手堅いのか。

それは、深いボレーが安定して入ってくるから。

そしてアナタ自身が、それを下がってストロークしているから、延々しんどいのです。

打破する為に、前に出る、もの一つの手ですが、もっと楽な方法があります。

そう、デッドゾーンでドライブボレーを打つ、という選択をすることです。

 

2.深く遅いボールは、バウンドさせてはダメ!

並行陣でよく観る、深く、ゆっくりなボレー。

これを侮っては絶対にいけない。

バウンドさせた時点で、ストロークという選択をした時点で、もう相手のペース。

だったら一歩前に入って、デッドゾーンあたりで思い切ってドライブボレーを打ってく。

ネットから距離がありますので、ストロークの延長のイメージでちょうど良い。

これを打っていけば、例えミスしても、相手は「深いボレー、打ち辛いな・・・」と思ってくれるはず。

特に学生プレイヤーで並行陣相手に悩んでいる人は、少しだけポジションを前にしてトライしてみましょう!

 

3.ドライブボレーを、低い打点で打ってみよう

相手の深く入って来るボレー、ですから、打点は低くなる。

ネットの高さくらいが理想ですが、膝近くくらいの高さでも慌てない。

コースは、おおざっぱにクロスで良いでしょう。

大事なのは、「こっちも攻撃していくよ!」という姿勢を、相手並行陣に見せ付けること。

このプレッシャーが無いと、相手はどんどん前に出て深いボレー、からアナタを追い込んでいくでしょう。

 

ドライブボレーって、若い学生の人しか打てないんじゃ・・・と思っている方、違います。

現代のラケットなら、しっかり打点を前に確保できれば楽に打てる、肘も傷めない。

リラックスする、ことが第一で、力は抜きましょう。

対並行陣への最終兵器、発動させるのは今です。

 

今回のまとめ

深いボレーは、ベースライン内側でドライブボレーを打っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  3. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、ど…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  5. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける

    相手のボールが力無さそうに見える。叩けそうだからと言って勇ん…

  6. テニス ラケット

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  4. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
PAGE TOP