テニス ストローク

ストローク

ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

手堅い並行陣、をどう崩していくのか。

ベテランプレイヤー、は本当にポジショニングが上手い。

やみくもにバコバコ打っていっても、それは自滅への道を進むだけ。

さぁ、具体策は・・・何でしょう?

私なら、ドライブボレーをお勧めします!

 

ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

 


 

1.なぜ、並行陣は手堅いのか?

イメージしてみましょう。

なぜ、相手の並行陣が手堅いのか。

それは、深いボレーが安定して入ってくるから。

そしてアナタ自身が、それを下がってストロークしているから、延々しんどいのです。

打破する為に、前に出る、もの一つの手ですが、もっと楽な方法があります。

そう、デッドゾーンでドライブボレーを打つ、という選択をすることです。

 

2.深く遅いボールは、バウンドさせてはダメ!

並行陣でよく観る、深く、ゆっくりなボレー。

これを侮っては絶対にいけない。

バウンドさせた時点で、ストロークという選択をした時点で、もう相手のペース。

だったら一歩前に入って、デッドゾーンあたりで思い切ってドライブボレーを打ってく。

ネットから距離がありますので、ストロークの延長のイメージでちょうど良い。

これを打っていけば、例えミスしても、相手は「深いボレー、打ち辛いな・・・」と思ってくれるはず。

特に学生プレイヤーで並行陣相手に悩んでいる人は、少しだけポジションを前にしてトライしてみましょう!

 

3.ドライブボレーを、低い打点で打ってみよう

相手の深く入って来るボレー、ですから、打点は低くなる。

ネットの高さくらいが理想ですが、膝近くくらいの高さでも慌てない。

コースは、おおざっぱにクロスで良いでしょう。

大事なのは、「こっちも攻撃していくよ!」という姿勢を、相手並行陣に見せ付けること。

このプレッシャーが無いと、相手はどんどん前に出て深いボレー、からアナタを追い込んでいくでしょう。

 

ドライブボレーって、若い学生の人しか打てないんじゃ・・・と思っている方、違います。

現代のラケットなら、しっかり打点を前に確保できれば楽に打てる、肘も傷めない。

リラックスする、ことが第一で、力は抜きましょう。

対並行陣への最終兵器、発動させるのは今です。

 

今回のまとめ

深いボレーは、ベースライン内側でドライブボレーを打っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 【先着申込開始します】2月11日(金/祝) @東京都西葛西 現役男子プロ特別レ…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう

    試合の中で、相手のどこを観察するか。私ならまず、「テイクバック…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

  4. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

    テニスの試合、やっぱり勝負を分けるのは「フォアハンドの威力」。…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識
  2. ストローク

    ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること
  3. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる
  4. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  5. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
PAGE TOP