テニス 序盤

ストローク

試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう

試合になると、とにかく緊張してミスばかり・・・。

普段の練習の1割くらいの実力しか出せない人、意外とテニス界には多い。

なぜ、緊張してしまうのか。

そして、その改善策は無いのか。

今回は、改めて考えてみたいと思います。

 

試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう

 


 

1.ネットミスが自分の緊張度合いを、底上げしていく

皆さん、経験無いでしょうか?

サーブでもストロークでも、ネットミス、は自分にプレッシャーをかけやすい。

だからこそ、緊張しやすい人はまず「ネットにかけない、アウトはOK」のスタンスから試合に入ることをお勧めします。

もちろん、アウトも失点なので痛いでしょう。

でも、ネットミスは「ネットに妨害された」「相手に届かなかった」という印象が、強く残ってしまう。

アウトミスなら、どれくらいアウトかも分かるのでまだ調整が効く。

何より、「このミスはOK」と準備しておくから、失点しても自分に過度のプレッシャーをかけないで済む。

と、思いませんか・・・?

 

2.「ミスを想定する」ことが、緊張感の緩和になる

私は、「あるあるのミス」は気にしない。

だって、ミス・・・というか、いつも通りですから。

試合は緊張するし、練習の実力が出せないのは当然。

だからアウトミスを許容する準備をするし、想定して次、次・・・と切り替えていく。

それでもまだ緊張しそう、という人には、とっておきの対策があります。

「子供だまし」だと思って、やってみて下さい。

 

3.テニスノートに書き出して、試合前に読む、チェンジコートでも読む

書くのは一文だけ。

「アウトミスは気にしない、試合は練習の2割の実力でOK」と、大きな字で書いておく。

これを試合前、試合中に読むだけで、私は変わると思いますよ。

頭の中だけで考えているだけでは、準備として足りない。

しっかり形にして、可視化することで、本当の準備になる。

「緊張する・・・」という人ほど、どうしようもない問題だと思って、諦めてはいませんか?

 

テニスの試合って、ポイントが始まっては終わり、その繰り返し。

よく考えたら、プレーしていない時間の方が圧倒的に長いですよね。

だからこそ、そういう時間はしっかり深呼吸、ノートに書いた文章を思い出す。

さぁ、試合に挑んでいきましょう!

緊張する、ミスが多いのは当たり前。

それが試合、ですから。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  2. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

  4. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

    「理想的な打ち方って、何ですか?」というご質問を頂くたびに、私…

  5. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  6. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 名著

    メンタル

    試合でパニックにならない為にも、「自分にとって分かりやすい数値」で作戦を覚えてお…
  2. テニス メンタル

    その他

    「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです
  3. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見…
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切…
PAGE TOP