テニス ポジショニング

ダブルス

ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず。

どの程度の力で、相手の女性に打てば良いのか。

そして自分は、どの程度パートナーの女性をカバーするのか・・・難しいですよね。

私が今回、オススメしたいポイントは、スライスを上手く使うこと。

男性が女性相手に、しっかりスライスを打って追い込んでいく。

この意識、ミックスダブルスで結構使えますよ。

 

ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

 

1.速いボールを覚悟しているから、効く

スライスは、もしかしたら女性の方が慣れているかも知れません。

でも、実は「男性の重たいスライス」は慣れていないことが多い。

それに、そもそも相手の女性は男性が打つ時に、「速いボール」を警戒していることが多いですからね。

重たいスピン、が来ると思っていたらスライスが来る、だけで結構慌ててくれるはずです。

それに、遅いボールなら遠慮なく、相手の女性を攻撃出来る。

この迷いが消える、だけでも大きいと思いませんか?

是非、男性のみなさんは普段からスライスを磨いて欲しい。

そしてミックスダブルスの戦いにこそ、活かして欲しいんです。

 

2.オススメは、フラットに近い回転量が少ないスライス

ぜひ、スライスの中でも回転量が少ないボール、を打って欲しい。

切るようなスライスではなく、押し出していくようなスライス。

ストロークで直線的、なスライスを打てると、相手の女性もすごく圧迫感があるはずです。

切るようなスライスは、結果的に浅くなってしまいますからね。

深く、相手を追い込むようなスライス、はミックスダブルスで効果的。

リターンから、なんて最高ですよ。

きっと相手の女性は、迷った挙句にロブ、のような返球しか出来ないでしょう。

 

3.相手男性のポーチは、どうやってケアする?

でも、ここでネックになるのが相手の前衛ですね。

男性がしっかり、アナタのスライスを狙って来るでしょう。

ここは、早めにストレートへのロブを打っておく。

同じスライスの構え、からストレートロブ、さえ使っておけば怖くありません。

試合の序盤に見せておいて、しっかり意識してもらう。

スライスのクロスへのストロークと、ストレートロブはセットで考えましょう。

組み合わせないと、結果的に相手に先手を取られてしまいますからね。

 

4.スライスがあるから、スピンが活きる

試合の中盤から後半、では今度はスピン、をしっかり打っていく。

この変化を、しっかり1試合、1セットの中で使うこと。

相手からすると、慣れてきた頃には違うショットが飛んで来る、すごく嫌だと思いますよ。

ミックスダブルスでは、変化に強くないと勝てない。

男性、女性、色々なボールを打つ人がいますからね。

自分からそこに、更に変化を付けていく。

結構男性って、一本調子なテニスでずっとプレーする人が多い気がしませんか?ミックスダブルスでも。

こういう相手は、すごくやりやすい。

みなさんも、どんどん相手にとって「やりにくい相手」にならないと。

それが試合に強くなる、ということですから。

 

ミックスダブルスこそ、スライスが活きる。

特に男性が使えると、一気に試合の幅が拡がります。

相手女性を攻撃していくのも、スライスなら遠慮なく、えげつなくいけますからね。

自分のプレーを拡げていく意味でも、ぜひ練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

    コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。強い相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  5. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?
PAGE TOP