テニス ポジショニング

ダブルス

ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず。

どの程度の力で、相手の女性に打てば良いのか。

そして自分は、どの程度パートナーの女性をカバーするのか・・・難しいですよね。

私が今回、オススメしたいポイントは、スライスを上手く使うこと。

男性が女性相手に、しっかりスライスを打って追い込んでいく。

この意識、ミックスダブルスで結構使えますよ。

 

ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

 

1.速いボールを覚悟しているから、効く

スライスは、もしかしたら女性の方が慣れているかも知れません。

でも、実は「男性の重たいスライス」は慣れていないことが多い。

それに、そもそも相手の女性は男性が打つ時に、「速いボール」を警戒していることが多いですからね。

重たいスピン、が来ると思っていたらスライスが来る、だけで結構慌ててくれるはずです。

それに、遅いボールなら遠慮なく、相手の女性を攻撃出来る。

この迷いが消える、だけでも大きいと思いませんか?

是非、男性のみなさんは普段からスライスを磨いて欲しい。

そしてミックスダブルスの戦いにこそ、活かして欲しいんです。

 

2.オススメは、フラットに近い回転量が少ないスライス

ぜひ、スライスの中でも回転量が少ないボール、を打って欲しい。

切るようなスライスではなく、押し出していくようなスライス。

ストロークで直線的、なスライスを打てると、相手の女性もすごく圧迫感があるはずです。

切るようなスライスは、結果的に浅くなってしまいますからね。

深く、相手を追い込むようなスライス、はミックスダブルスで効果的。

リターンから、なんて最高ですよ。

きっと相手の女性は、迷った挙句にロブ、のような返球しか出来ないでしょう。

 

3.相手男性のポーチは、どうやってケアする?

でも、ここでネックになるのが相手の前衛ですね。

男性がしっかり、アナタのスライスを狙って来るでしょう。

ここは、早めにストレートへのロブを打っておく。

同じスライスの構え、からストレートロブ、さえ使っておけば怖くありません。

試合の序盤に見せておいて、しっかり意識してもらう。

スライスのクロスへのストロークと、ストレートロブはセットで考えましょう。

組み合わせないと、結果的に相手に先手を取られてしまいますからね。

 

4.スライスがあるから、スピンが活きる

試合の中盤から後半、では今度はスピン、をしっかり打っていく。

この変化を、しっかり1試合、1セットの中で使うこと。

相手からすると、慣れてきた頃には違うショットが飛んで来る、すごく嫌だと思いますよ。

ミックスダブルスでは、変化に強くないと勝てない。

男性、女性、色々なボールを打つ人がいますからね。

自分からそこに、更に変化を付けていく。

結構男性って、一本調子なテニスでずっとプレーする人が多い気がしませんか?ミックスダブルスでも。

こういう相手は、すごくやりやすい。

みなさんも、どんどん相手にとって「やりにくい相手」にならないと。

それが試合に強くなる、ということですから。

 

ミックスダブルスこそ、スライスが活きる。

特に男性が使えると、一気に試合の幅が拡がります。

相手女性を攻撃していくのも、スライスなら遠慮なく、えげつなくいけますからね。

自分のプレーを拡げていく意味でも、ぜひ練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  2. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  4. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気

    ここぞという場面で、ダブルスでチェンジプレーを入れていく。この…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  6. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
  2. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!
  3. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
  5. シングルス

    「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる
PAGE TOP