その他

国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。

それが国と国の威信をかけた戦い・・・となると、本当に白熱した試合が繰り広げられる。

そう、デビスカップには技術だけでなく、アナタのメンタルを鍛える為の要素が詰まっています。

改めて、名勝負と呼ばれる試合のいくつかの動画を振り返ってみましょう。

大事な団体戦の前日に観ると・・・良いイメージトレーニングになること間違い無しです!

 

国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

 


 

1.オールスターの個性派ダブルスはデビスカップの醍醐味

シングルス4本、ダブルス1本のデビスカップですが、このダブルス1本が本当に大事な意味を持っています。

2001年の決勝は、オーストラリア対フランス。

共に多くの名選手を抱えていたチームですが、オーストラリアのダブルスはラフター選手とヒューイット選手。

相手のフランスも当時エースのピオリーン選手に、個性派のサントロ選手。

今の学生の皆さんは、知らない選手だと思いますが・・・。

後に監督を経験する愛国心に溢れる両者のダブルスは、本当に必見です。

■Hewitt/Rafter vs. Pioline/Santoro (Davis Cup Final 2001) AUS – FRA

 

2.フェデラー選手、デビスカップタイトルへの執念

数々の栄光を手にしてきたテニス界の英雄が、団体戦の初タイトルに対して並々ならぬ執念を見せた2014年。

この決勝は、まさに彼が主役となりスイスに初の栄冠をもたらすことになります。

それにしても・・・決勝で敗者となったフランス、なぜか決勝で勝てない・・・イメージが強いですね。

本当に毎年層の厚い、良いチームなんですが。。

■davis cup final 2014 france v suisse

 

3.応援を力に変える、応える試合をしよう!

応援はときに力となり、プレッシャーにもなります。

スペインとチェコの組み合わせとなった2012年は、両者譲らず2―2でステバネク選手とアレマグロ選手の戦いに。

熱が入る応援団、選手に応えるように、ミスの無いテニスで粘り、攻撃していく両者からは本当に「勝ちたい、期待に応えたい」という意図が見えてきます。

それでも勝つのは、どちらかのみ。

テニスは残酷なスポーツです。

■Stepanek v Almagro Czech Republic 3-2 Spain – Davis Cup Final Official Highlights

 

団体戦は、ときに大きな傷を負うこともあります。

ですがそれ以上に、チームを勝利に導くことが出来ればそれは大きな自信になる。

ぜひ、「2-2で自分に回ってこい!」と言えるくらい、プレッシャーと良い向き合い方ができるような選手になって下さい。

人に感動を与える試合、アナタ自身で生み出せるかどうか。

まずは日々の練習、眼の前のことから頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    簡単なある方法で、テニスのグリップはリラックス出来る!

    テニスではグリップの使い分けが大事。コンチネンタル、ウエスタン…

  2. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  3. テニス 環境
  4. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&ミニレッスン企画 2/25(火) AM7:00~ にて開催します!…

    お陰様で大変ご好評頂いている企画の、第5弾の募集を開始させて頂きます…

  5. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  6. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

    テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進…

特集記事

  1. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
  2. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない
  3. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方
  5. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、簡単そうで奥が深い
PAGE TOP