その他

高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。

毎年福岡で行われる、この団体戦の全国大会。

私はインターハイより全日本ジュニアより、この大会が好きです。

シングルス3本、ダブルス2本の団体戦には、その高校・地域の特徴が本当によく出て面白い。

今回はその魅力について、少し熱く語ってみたいと思います。

 

高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

 


 

■シングルス重視の関東勢、個性派ダブルスの関西勢

毎年観ていて面白いのが、関東と関西のテニス観の違い。

大げさな話かも知れませんが、関東の強豪校のシングルスの選手には「テニスは個人競技だ!」と言わんばかりの、個性と強さがある。

それに対して関西勢、九州勢は、「鍛錬されたダブルス」でそのシングルスプレイヤーにもプレッシャーをかけてくる。

男子選手以上に、熱いのは女子選手の試合。

とにかく・・・ラリーをミスしないので長い!

冗談かと思う話ですが、1ポイントで30分近くを要した試合もあるのがこの大会。

合計5本の団体戦が2~3面で進行されていきますので、試合の流れが目まぐるしく変わっていく様は本当に面白い。

応援にもつい、力が入ってしまいます。

 

■スーパーな競合校ばかりでは無い、個性派な学校も

「きっと全国の高校は、自分たちとは世界が違う」と、考えている人もいるでしょう。

そんなことはありません。

各地区で上位に入る、しかも団体戦5本を戦うには「チーム力」が求められます。

1人や2人、地元のクラブで育ったジュニア上がりの選手だけでは、この団体戦は勝ち上がれません。

例えば、中国地区代表・広島県の崇徳高校は、部員34人でコート面数は2面、照明施設は無し。

冬の時期は1時間もすればボールが見えなくなってしまうこの環境で、彼らは5年ぶりに全国大会へ出場を決めました。

話を聞いてみると、練習メニューを考えるミーティングには1年生も参加し、積極的に意見しているんだとか。

そしてコート面数が無い分、学校の前の川の土手を上手く活用し、チーム全体で力を付ける工夫がされている。

副キャプテンの平山選手は、高校から硬式テニスを始めたばかりで立派なダブルスのレギュラーです。

そんなチームがどんなテニスをするのか・・・考えただけでも、ワクワクしてきませんか?

■会場となる「博多の森公園」はアクセス抜群!

会場となる福岡県の博多の森テニス競技場は、福岡空港、博多駅からのアクセスはハ抜群!

会場はほぼ空港の裏側に位置していますので、タクシーでも簡単に行けちゃうんです。

ギリギリまで試合を観ることが出来ますし、博多の中心地にも近いので宿泊場所までもストレス無く通うことが出来ます。

遠方の方は交通費がかさみますが、現地の会場までのアクセスは良いのでオススメです!

 

卒業生の方はもちろん、ぜひ現役の選手にも「生」で観戦してもらいたいこの大会。

全国選抜高校テニスは、春休みが始まる3月20日から福岡で幕を開けます。

新しいチームとして、どんなテニスがしたいのか悩んでいるキャプテン、選手、そして顧問の先生やコーチの皆さん。

そのヒントはきっと、春の福岡にあるはずです。

■テニスデイリー特集サイトはコチラ

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  2. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

  3. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐことの重要性

    シングルスでもダブルスでも、ポイントのほとんどは相手のミスや無理をした…

  5. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  6. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア
  2. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見るこ…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
PAGE TOP