テニス 戦術

シングルス

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。

これって実は、危険なこと。

少し相手を動かしたら、「スペースが空いた!」と思ってつい力が入って打ってしまう。

遊びのテニスならそれでも楽しいかも知れませんが、試合に勝っていくとなると・・・どう改善していけば良いのでしょうか。

今回は、逆転の発想でこの「オープンスペースを活用する」という部分を考えてみます。

 

シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

 


 

■オープンスペース、本当に出来ている?

実は、シングルスの試合の中で「相手のコートが空いている!」と感じても、それは怪しい。

相手からすれば、あえて空けておいてそこに誘っているかも知れません。

特にフォアハンド側を空けている選手は、不用意に展開すると危険。

相手コートのほうばかりみて、打点に顔が残らなければコントロールも乱れてしまいます。

シングルスの試合でミスが早いとき、大抵こんな感じになっていませんか?

 

■オープンスペースは作って、あえて逆を突いてチャンスを拡げる

プロ選手の試合を観ていても、あえてオープンスペースが出来てもそこに打たず、「相手選手がいる側」を攻撃していくのも大事な発想。

なぜなら、選手はコートカバーに走るので、上手くいけば逆を突けるようなショットになるからです。

このショットのメリットは、コントロールがしやすいという点。

相手に向かって打つ、飛んで来た方向に打つことになりますので、かなり打ちやすいはずです。

ですのでしっかり相手を観ながら、ボールを引き付けることが出来ればこういったショットで安全に、攻撃できるのです。

 

■オープンスペースに打つのは、簡単では無い

誰もいない場所に打つのは、簡単なようでそうではない。

特に相手が走ってくる際には、気になってよりライン際を狙いたくもなりますよね。

そうしてサイドアウトしてしまうと、せっかくのチャンスが失点になってしまう。

浅いボールであれば、しっかり回転をかけてコートに収まるような軌道で打てないと、試合では使えません。

テニスという競技は、ラリーを支配していても最後で決めきらないと、相手のポイントになってしまう。

だからこそ、普段の練習からしっかり相手がいない場所にも、いる場所にも、正確に打てるようにしておかないといけないのです。

 

シングルスの試合が上手い人は、ジワジワ攻めてくる。

そして最後は、相手に「無理」をさせるような感じで、ポイントを積み重ねていくように思います。

相手選手は、「自分のミス」と感じているから、対策も中途半端になってしまう。

自分自身のシングルスの戦い方と重ねて、ぜひ考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  2. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  3. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  5. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  6. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

特集記事

  1. 戦術

    アングルの打ち合いになったら、思い切ってネットに詰めよう
  2. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミッ…
  3. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから
  5. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
PAGE TOP