テニス メンタル

メンタル

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

皆さんも試合の中で、または最初のウォーミングアップで、感じることはあるはず。

「普通にやれば、勝てる・・・な」と。

こう感じること、決して悪いことじゃない。

客観的に判断して相手が下、と考えたら、やるべきことをしっかり考えて試合を進めましょう。

 

「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

 


 

1.ゲームプランをしっかり立てる

1セットマッチなら、どう進めていくのか。

基本は、まず序盤は1-1、2-2でも良いからリードを許さない。

しっかり自分のショットを7割くらいの力で打っていく、ことが大事でしょう。

序盤に競っておけば、大丈夫。

相手の特徴も把握できますし、大事なのは焦らないこと。

6-0で勝つ、なんてのは甘えであり幻想です。

 

2.ファーストサーブとリターンを確実に入れる

アナタが負けそうになる、プランが崩れるとしたらここしかない。

最初のショット、が入らなければ実力差を示す場面も無い、ですからね。

ラリーに持ち込むためにも、相手に「希望」を与えない為にも、ファーストショットは大事です。

セカンドサーブが入れば良い、では隙が生まれます。

 

3.早めにネットプレーを見せておく

相手が実力差に気付いてプレッシャーを感じているなら、早めに前でポイントを取る。

ダブルスならポーチ、シングルスなら奇襲からのネットプレー、を試合の序盤に入れましょう。

絶対にまずいのは、「相手が先にやってくる」ということ。

実力差があるのに、積極的にポイントを取りにいく姿勢は、アナタ自身が相手に見せ付けていかないといけない部分です。

 

4.ポイントを終わらせるのを、急がない

3.のように前に出ても、決して決め急がない。

相手のミスで終わる、くらいの意識で充分です。

他のポイントでも、アナタ自身が自滅するようなポイントは、避けること。

当然、勝っているポイントやチャンスでは打っていくことが大事ですが、ネットから遠い場所は無理した一か八かのショットは、避ける。

それが、格上としての戦い方です。

 

自分より劣る相手、ほど戦い辛い相手はいません。

周りから観れば、苦戦するだけでアナタに向けられる目が厳しくなる・・・と、試合中から感じてしまう。

その為に、必要なのは準備です。

意識を準備しておくだけで、きっと試合中に乱れることなく戦えるでしょう。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  3. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

  4. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  5. メンタル

    大きな声でカウントコール、迷いは消える

    試合で緊張したら、何をすれば良いのか。私は、大きな声でカウント…

  6. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?

    みなさんは、ご自宅に本棚はお持ちですか?私は、あります。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
  3. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない
  4. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
  5. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?
PAGE TOP