ダブルス

強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

並行陣で、手堅くプレーしていく。

安定感のあるダブルスは、ミスが少なくて穴が見当たらない。

こういうペアは、後衛のポジショニングがすごく良いペアが多いです。

並行陣は後衛のポジショニングで、まだまだ強くなれる。

今回は私が考える基本、についてまとめてみたいと思います。

 

強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

 


 

1.ありがちなミス、ワイドからワイドへのサーブ&ボレー

ダブルスの試合、みなさんはどこからサーブを打ちますか?

これって結構、曖昧になっているような気がします。

赤側のペア、がアナタ自身のペアでサーブを打つとイメージしてみて下さい。

↑のような感じなら、まずまずのバランスと言えるでしょう。

でも、ダブルスでは前衛がいるので、ついサイド寄りに立ってサーブが打ちたくなる。

↓のような場所からサーブを打っている人、少なくないと思います。

ここからサーブを打って、そのまま真っすぐ前に出ると・・・。

かなりワイド寄りなポジションになってしまう。

これでは、↓のようなストレートロブをカバーするのは難しいでしょう。

後衛の後ろ、をカバー出来ないだけじゃない。

もっと致命的な問題があるんです、このワイド寄りのポジショニングだと。

 

2.ファーストボレーをバックボレーで処理、は厳しい

もう1つ、並行陣で大事なのはセンターケア。

相手は当然、2人の間を狙って来ますからね。

ワイド寄りのポジションに立っていると、右利きの方はここ↓を守りにくくなる。

当然、ファーストボレーをバックボレー、で処理することになりますよね。

バックボレーでセンターを処理していると、相手の前衛はすごく動きやすい。

沈められたら、返すので精いっぱいですからね。

こんな感じで、ファーストボレーをポーチで仕留められてしまう。

センターを狙われてしまうと、どうしても苦しくなってしまうんです。

これも全て、最初のサーブのところからのポジショニング、が引き起こしている問題です。

 

3.センター寄りから打てば、全てが解決!

センター寄りからサーブを打てば、並行陣の後衛はバランスが良くなる。

右利きの方のデュースサイド、で考えると分かりやすいと思います。

センター寄りからサーブを打つと、そのまま前に出れば良いポジショニングになる。

前衛との距離感、も近い感じに保てます。

このポジションなら、広くフォアハンドボレーでカバー出来る。

バックボレーで打つような場所は、確実に前衛が触ってくれるでしょう。

意識はフォアボレー、で前に出るサーブ&ボレーでリズムが作りやすい。

当然、ワイド寄りから打つよりも、↓のようにストレートロブはカバーしやすくなります。

ですが、ショートクロスは少し空いているので不安、に思うかも知れません。

でも、大丈夫。

↓のような所に打たれても、フォアハンドボレーですから届く、コントロール出来る。

むしろ打たせる、くらいの意識で良いと思いますよ。

大事なのは、ペアとしての2人の距離感です。

センター寄りからサーブを打つので、センターにも打ちやすい。

当然、相手のリターンする選手をセンターに寄せることが出来るので・・・。

リターンのコース、も限定出来る。

だから、味方の前衛もポーチに出やすくなる。

守りやすいし、サービスゲームをキープしやすくなるでしょう。

 

ダブルスって、なぜか「2人で離れていた方が、守りやすい」と思いがちじゃないですか?

実はその逆、です。

2人で離れれば離れる程、センターが守りにくいし、辛くなる。

並行陣ではよりその特徴、が出ますからね。

センター寄りから、外側のボレー中心。

この意識だけで、だいぶ違うと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい

    頂いたアンケートをじっくり読んでいて、目に留まった1つのお悩みがありま…

  3. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  4. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

    ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。リター…

  5. テニス ダブルス
  6. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  4. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり
PAGE TOP