ボレー

クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思います。

でも、ボレーヤーのポジションが・・・?というような場面、もよく見受けられるのも事実。

今回、あくまで実戦の並行陣を想定して、ポジショニングを考えてみましょう。

「なぜ?」という視点を持って、みなさんも一緒に考えていきましょう。

 

クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

 

1.基本はセンター寄り、にボレーヤーはポジションを取る

これが大前提です。

少なくとも、これくらい↓はセンター寄りに立って、しっかり外側のボレーを使う。

どうしても、クロスでラリーとなるとクロス寄り、サイド寄り、に立つことが大事でしょう。

外側でボレー、をしっかり使っていくことが大事。

むしろ、ストローク側に打たせる意識、で良いと思いますよ。

逆サイド、でも同じです。

どうしてもバックボレー、だと使いたくない、フォアハンドで打ちたくなりますが、ここは成長に向けて我慢。

しっかり、センター寄りに立って、センターをケアすることが大事。

なぜなら直線的なボール、センターストラップの上を通過するボールは低い軌道でも入りますからね。

 

2.何よりセンターケア、なぜなら速いボールが来るから

このエリア、をしっかり返球出来るかどうか。

これが並行陣の後衛としての強さ、になります。

本来なら、味方の前衛が触ってくれるとありがたいんですが、それはあくまで理想。

毎回出てくれることを期待しないで、しっかり粘ることが大事ですね。

イメージとしては、外側のボールは前で触る、センターのボールは少し遅れてもしっかりラケット面を作って粘る、という感じ。

打点が遅れても、センターはOK。

なぜなら逆クロス方向へのボレーになるので、打点が前過ぎるとクロス方向に飛ばないんですよね。

このイメージ、丸く守るようなイメージが持てれば大丈夫。

並行陣の後衛でも、安定したプレーが出来るでしょう。

 

3.センターはセンターに、クロスはクロスへ、が基本

これもみなさん、既に意識出来ている部分だと思いますが改めて。

Aに来たボールはA’へ、Bに来たボールはB’へ、が基本です↓。

もちろん、あくまで基本ですから実戦では異なる場合もあります。

でも、このコース取りが基本だと分かっていれば、自分が打ったコースで次を予測することが出来ますよね。

当然、B’からはB、を狙われる。

狙いやすい、ということを改めて確認しておいてください。

 

4.サイド寄りに立つと、センターを抜かれまくる

試合では、こうなります。

サイド寄りに立っていると、このコース↓に速いボールで抜かれることになります。

センターストラップの上は、ネットの高さが低いので狙いやすいんですよね。

だからこそ、ここを触れる、手を伸ばして届く範囲にポジショングすること、が大事。

そして、もう一つ。

クロスに上がったロブもしっかり触れるポジション、を意識しないといけないですから。

自分の脚力、としっかり相談して前に出るポジション、を考えておくこと。

恐れる必要は無いですが、相手に打たれても触れる自信、があるポジションをしっかり探しておきましょう。

 

何気ない、クロスでのボレー対ストロークの練習。

しっかり、ボレーヤーのポジションが取れている人は、やっぱり試合でも強い。

前に詰め過ぎない、センターをしっかり守る。

これを意識するだけで、かなり試合に勝てるようになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。試合の中で、前に詰めてハイボ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

    ボレーは丁寧につなぐことが第一。それでも、4人でネットについて…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってるから安定しない

    「細かいステップ!」と、コーチや先輩から声かけられている方、多いと思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!
  2. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
  4. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  5. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
PAGE TOP