テニス ダブルス

ダブルス

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、

それは並行陣、です。

サーブ&ボレーから前に出て、2人でボレー・・・なんて、難しい?

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ、ダブルスは後ろの選手が「浅いボールを打たれたら、前に出ないといけない」くらいの危機感が大事。

並行陣の基本、得点パターンを覚えておけば、きっと自信を持って前に2人、で陣形を取れるはず。

ぜひこれから並行陣を頑張りたい、という方にも読んで頂きたい内容です。

 

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

 

1.リターンゲームから前に出よう!

並行陣、サーブから・・・は、最初は難しいです。

むしろ、浅いサーブをリターンして、そのまま前に出る方が楽。

なぜなら、リターンのポジションを最初から前に取れますからね。

打って前に出る、その距離が短くて済むので余裕を持ってボレー、に移行出来ますね。

クロスに深くリターンして、相手のミスを誘う。

またはロブを誘ってスマッシュ、を狙っていきましょう!

 

2.同レベル相手なら、基本は「ロブ待ち」で良い

初中級のみなさん同士、の試合なら、どうでしょう。

相手の立ち場になって考えてみて下さい。

ネットを挟んだ相手が、2人のともネットプレーをしようとしている、前にいる。

これはもう、ロブ、という選択肢か浮かばない人が多い。

特に女性の方、ですね。

ですので、並行陣のポジションは取っても、しっかり「スマッシュを打つ準備」をしておきましょう。

これが、一番の特点パターンになるはずです。

 

3.並行陣からの深いボレー、必要無し!

これは、並行陣の特権です。

当たり損ないの浅いボレー、でも相手後衛の前に落とせば決まる。

ドロップボレーが打てると最高ですが、結果的にドロップボレーになるケースも大歓迎のスタンスでいきましょう。

深いボレーは、やっぱりアウトが怖い。

ですので無理に打つ必要は無いですよ。

浅いボレーで終わる、くらいの感覚で良い。

相手が雁行陣の場合、後衛の前の空きスペースはどんどん活用していきましょう。

 

4.相手前衛を2対1で攻撃

並行陣、せっかく前にいるので、少しでも浮いたボールがあれば攻撃したい。

2対1、で相手の前衛を攻撃していく意識は大事です。

もちろん並行陣の後衛も、相手の後衛に深く返球が基本ですが、浮いたボールはどんどん相手の前衛にも展開していきましょう。

上手く2対1の状況を作ること、がダブルスでは大事。

パートナーが攻撃、するときにはパートナーがチャンスに備える。

ペアでお互い、両方の意識を高めていくこと。

攻撃の意識は、統一していくことで攻撃力を増していきますよ。

 

5.相手にプレッシャーをかける、並行陣の基本を徹底

これがやはり一番、なんです。

突飛な作戦は必要無い。

むしろ、しっかり前に出て、足元のボールもなんとか返球する、ロブに備える。

これだけで、相手からすると「打つとこ無いな・・・」となるんです。

そうなると、相手はプレッシャーに感じて無理してくれる。

並行陣の攻撃パターンは、シンプルで良い。

初中級のみなさんこそ、しっかり前でプレーすれば同レベルの相手には効果てきめん。

ぜひ、プレッシャーを感じている相手を見ながら、並行陣プレーしてみて下さい。

 

並行陣は難しい?

いえ、目の前の景色が変わるで、難しくはありません。

細かいポジション、セオリー、はもちろん覚えていく必要がありますが、それは後からでも良いでしょう。

まずはどんどん、2人で前に出てみる。

不思議と、試合ではそれだけで効果的になるはずです。

並行陣からの攻撃、得点パターン、ぜひシンプルに意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

  3. ダブルス

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうすると、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアとして作戦を実行するなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?

    ダブルスの試合、相手は2人いる・・・のに、どこかで油断してしまう。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に

    ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。結果を出したい…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てな…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試…
  3. その他

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  4. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
PAGE TOP