テニス ダブルス

ダブルス

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、

それは並行陣、です。

サーブ&ボレーから前に出て、2人でボレー・・・なんて、難しい?

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ、ダブルスは後ろの選手が「浅いボールを打たれたら、前に出ないといけない」くらいの危機感が大事。

並行陣の基本、得点パターンを覚えておけば、きっと自信を持って前に2人、で陣形を取れるはず。

ぜひこれから並行陣を頑張りたい、という方にも読んで頂きたい内容です。

 

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

 

1.リターンゲームから前に出よう!

並行陣、サーブから・・・は、最初は難しいです。

むしろ、浅いサーブをリターンして、そのまま前に出る方が楽。

なぜなら、リターンのポジションを最初から前に取れますからね。

打って前に出る、その距離が短くて済むので余裕を持ってボレー、に移行出来ますね。

クロスに深くリターンして、相手のミスを誘う。

またはロブを誘ってスマッシュ、を狙っていきましょう!

 

2.同レベル相手なら、基本は「ロブ待ち」で良い

初中級のみなさん同士、の試合なら、どうでしょう。

相手の立ち場になって考えてみて下さい。

ネットを挟んだ相手が、2人のともネットプレーをしようとしている、前にいる。

これはもう、ロブ、という選択肢か浮かばない人が多い。

特に女性の方、ですね。

ですので、並行陣のポジションは取っても、しっかり「スマッシュを打つ準備」をしておきましょう。

これが、一番の特点パターンになるはずです。

 

3.並行陣からの深いボレー、必要無し!

これは、並行陣の特権です。

当たり損ないの浅いボレー、でも相手後衛の前に落とせば決まる。

ドロップボレーが打てると最高ですが、結果的にドロップボレーになるケースも大歓迎のスタンスでいきましょう。

深いボレーは、やっぱりアウトが怖い。

ですので無理に打つ必要は無いですよ。

浅いボレーで終わる、くらいの感覚で良い。

相手が雁行陣の場合、後衛の前の空きスペースはどんどん活用していきましょう。

 

4.相手前衛を2対1で攻撃

並行陣、せっかく前にいるので、少しでも浮いたボールがあれば攻撃したい。

2対1、で相手の前衛を攻撃していく意識は大事です。

もちろん並行陣の後衛も、相手の後衛に深く返球が基本ですが、浮いたボールはどんどん相手の前衛にも展開していきましょう。

上手く2対1の状況を作ること、がダブルスでは大事。

パートナーが攻撃、するときにはパートナーがチャンスに備える。

ペアでお互い、両方の意識を高めていくこと。

攻撃の意識は、統一していくことで攻撃力を増していきますよ。

 

5.相手にプレッシャーをかける、並行陣の基本を徹底

これがやはり一番、なんです。

突飛な作戦は必要無い。

むしろ、しっかり前に出て、足元のボールもなんとか返球する、ロブに備える。

これだけで、相手からすると「打つとこ無いな・・・」となるんです。

そうなると、相手はプレッシャーに感じて無理してくれる。

並行陣の攻撃パターンは、シンプルで良い。

初中級のみなさんこそ、しっかり前でプレーすれば同レベルの相手には効果てきめん。

ぜひ、プレッシャーを感じている相手を見ながら、並行陣プレーしてみて下さい。

 

並行陣は難しい?

いえ、目の前の景色が変わるで、難しくはありません。

細かいポジション、セオリー、はもちろん覚えていく必要がありますが、それは後からでも良いでしょう。

まずはどんどん、2人で前に出てみる。

不思議と、試合ではそれだけで効果的になるはずです。

並行陣からの攻撃、得点パターン、ぜひシンプルに意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  2. テニス 前衛

    ダブルス

    粋なプレーが出来る前衛は、「ファインプレーをファインプレーに見せない」から後衛に信頼される

    ダブルスが上手い人は、組んでいて何だか楽しい。頼もしいし、自分…

  3. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

特集記事

  1. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
  2. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
  3. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  4. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるよう…
  5. テニス 走力

    その他

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
PAGE TOP