テニス サイト

ボレー

先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。

試合の中で狙われて、ミスして益々落ち込んで・・・となるには、アナタ自身の先入観が影響している。

「バックハンドボレーは、攻撃出来ない」と、どこか決めつけていませんか?

この発想を変えるには、先入観を取っ払って武器に変えていく意識、がまず大事です。

 

先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

 


 

■ドライブボレーを、積極的に取り入れよう!

結論から入りますが、どんどんドライブボレー、取り入れていきましょう。

女性で両手バックハンドボレーの方は、特に大事です。

胸の高さのボール、はしっかり攻撃していきたい。

男性の方でも、片手バックハンドボレーとの併用もお勧めです。

私自身、普段は片手バックハンドボレーですが、両手でドライブボレーも打ちます。

このドライブボレーがあることで、相手は安易な「バックボレー狙い」が出来なくなるのです。

 

■いつでも「仕掛けていく気持ち」が無いと、ドライブボレーは難しい

ボレーのグリップで待ちながら、「ここだ!」という場面でストロークのグリップに変えてドライブボレー。

これは、常にしっかりチャンスを伺う、獲物を待つような嗅覚が無いと難しい。

アナタ自身、とっさの判断で攻撃的なバックハンドのドライブボレーを打てるように、練習から混ぜていきたい。

安定感が無さそう?

そんなことはありません。

ゆっくりした山なりなボールを、ミドルのバックハンドボレーで打つのも難しいと思いませんか?

だったらしっかり、ドライブボレーも打っていきたい。

つないでは相手に攻撃されますからね。

 

■ドライブボレーは、しっかりアウトすることから始めよう

ドライブボレーは、しっかりとスピンをかけたい。

ですのでまずは、しっかり上方向に振り吹いてアウトするところから始めましょう。

ボールの打点に対して、しっかり下から入ってみて下さい。

試合でも、序盤でチャンス、のときにはアウトしても良いと思います。

相手に、「積極的だな・・・ドライブボレーもあるのか・・・」と、思わせれば成功、です。

 

「パワーがある学生だから、ドライブボレーが打てるんでしょ?」と思った方は、違います。

年配の方でも、しっかりリラックスして打点を前に取れれば肘への負担も少ない。

むしろドライブボレーが打てる、ベテランの選手なんて一風変わっていて面白くないですか?

その一つのショットで、相手は必要以上にプレッシャーを感じてくれるかも知れません。

先入観、は得てしてテニスの成長を阻害します。

このことだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  2. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える

    どうやっても、ボレーが上達しないで悩んでいる人。ストロークには…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  4. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

  5. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

特集記事

  1. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
  3. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
  4. テニス 戦術

    その他

    「上手くなりたい」って、簡単じゃない
  5. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い…
PAGE TOP