ダブルス

今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。

それが雁行陣(がんこうじん)と並行陣(へいこうじん)です。

普段なんとなく分かっているけど、その強みと弱み、どういう選手が向いているのか・・・を、しっかり理解できていますか?

今回は、難しい部分は抜いて基本的な部分を復習してみましょう!

 

今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

 

■ストローク力と脚力があるなら、雁行陣の安定感が吉

雁行陣は一人がベースライン近く、もう一人がネット近くに付いて、前衛と後衛がはっきり分かれる陣形。

ソフトテニス経験者の方も、すんなり入っていけると思います。

ストローク力のある後衛であれば、どんどんクロスに押し込んだりストレートへアタックしたりと展開でき、前衛も攻撃に専念できるので効果的な陣形です。

ただし後衛の前の部分、浅い場所が弱いのも特徴。

ここをカバーするには後衛となる選手の脚力、ダッシュ力は絶対に必要です。

 

■並行陣は戦術の理解力が問われる、その分実はバランスが良い陣形

並行陣は2人でネットプレーに挑む陣形。

それでも前衛と後衛は区別され、後衛が概ねサービスライン付近、前衛はさらにその1~2メートルくらい前にポジションを取ります。

強みはやはり攻撃力!

2人でネットを取り、ロブは後衛がある程度ケアしますが、前衛も積極的にスマッシュを打っていくのが理想です。

弱点はこのロブですが、もしロブにやられているようであれば陣形の全体を少し下げるのも有り。

しかし、こうなると今度はショートクロス系に弱くなってしまいます。

つまりは並行陣は全体での攻撃、守備の連係がものすごく重要な陣形だということ。

ペアの成熟度が問われる陣形です。

 

■学生の皆さんに伝えたい、「両方チャレンジしてみよう!」

高校の大会、インターハイや全日本ジュニアでは、ほぼ9割が雁行陣。

男子ダブルスで並行陣を観ることもありますが、女性ではほぼ皆無。

それでも、ぜひトライしてもらいたのが並行陣。

なぜなら、やっている人が少ない、というだけでテニスの中で希少価値があり、相手からしたらやり辛いはず。

試合の中でオプションとして持っておけば、40-15、みたいなカウントでやってみようかなと思えるはず。

部活のみんなで、一度話し合ってみてください。

「ダブルスを強くしたい、新しいことにチャレンジしよう!」と。

 

今回お話した陣形2つが、ダブルスの基本陣形であることは変わりありません。

でも実際の試合では、ラリーの中でどんどん変化していきますよね。

ストレートロブが抜けてチェンジすると、あのよく分からない陣形になったり・・・とか。

普段の練習の中で、陣形の強みと弱みを意識してみて下さい。

完璧な陣形などありません。

まずは全て理解して、ある程度使える、崩せるようになることが、ダブルス巧者への道なのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  2. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブルス…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアとして作戦を実行するなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  2. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった…
  4. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?…
PAGE TOP