ダブルス

男子ダブルスに勝ちたければ、センターに入れ!

先日、個人的に男子ダブルスの練習をする機会があり、感じたこと。

これ、改めて本当に大事だと感じたので、書き留めておきたいと思います。

ダブルスのゲームの中で、「繋ぎたい」と相手が思うタイミング、ありますよね。

もちろん自分たちもあります。

「時間を作りたい」「少し苦しいな…」と感じるような場面で、ボールはどこを通るのか?

そう、もう答えは見えているはずなんです。

相手が打つ前に先回りができるかどうか、これにかかってるんです!

本当にダブルス?何人いるの…?

強いペアと試合をすると、そんな感覚に陥ることはありませんか?

相手が、本当に2人?って思えるくらい、人数が多く感じる。

どこに打っても、そこにいる。

これには、ある法則があります。

きっと、アナタ自身やペアが「センターに打っている場面」なはずなんです。

センターに、それも低く打って一度作り直そうとしている瞬間に、相手が先回りしている。

ここに逃げてくる、のを分かって先回りしてるんですよね。

強いペアは、これを当たり前のようにプレーしてくる。

どうすれば自分たちもできるのか?を考えてみましょう。

打ち込む、というより相手にパスする

強いペア、選手を見ていると、こう感じることがあります。

相手を強打で倒すというより、触らせて次で決める。

まるで、味方にパスをしているかのように見える。

もちろんネットを挟んだ相手は敵ですから、倒そうとしているのは事実。

でも、パスのように柔らかく、次へ走り出している。

相手も、そこにセンターに打ちたくなるようなボールで、誘導されている。

こういうポイントが続くと、もうどうしたら良いか分からなくなるんですよね。

ロブを上げるくらいしかない、でもそれって男子ダブルスではかなりリスクが高い。

読者の皆さんも、相手にパスを出すくらいの感覚で触らせてみてください。

そして、そのパスを次に自分がもらうイメージで。

そうすると、自然と打ち終わりも早くなりますし、打った後の動きがスムーズになる。

ここに気づけると、本当に試合でも強いですよ。

ネットを挟んだ競技の落とし穴

テニスやバレーボール、バドミントンや卓球のようにネットを挟んで相手と相対する競技。

スポーツにはたくさんありますよね。

でも、そこには落とし穴があります。

相手を倒そう、強く決めよう、とすればするほど、カウンターを喰らいやすい。

自分たちに隙が生まれたら、逆転される可能性も高くなる。

ここに気づけるかどうか?なんです。

相手が逃げてくるコースに先回りする。

一見本当に地味で、誰にでもできそうなことなんですが…これが、なかなかできないのがテニス。

打った後に動く、構える、予測する、本当に忙しい競技です。

ドリブルでキープする、なんてことは出来ないですからね。

相手が何となく打ってくるセンターに入る、これをしっかり意識として強く持っておく。

相手が打つ前にポジションを取る、この意識がないとなかなか触れないでしょう。

「逆を突かれたら?」と思うかもしれませんが、そうなったらその時に考える。

打たれてもいないコースの心配をしているうちに、相手はどんどん立て直してきます。

センターに入る、特に前衛はここを徹底的に塞ぐこと。

これだけで、実はライバルペアに勝てるチャンスが増えるかも知れません。

それくらい、相手にとってはプレッシャーになるはずです。

書いたからには、自分も頑張ります!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について

    ダブルスで2人が横に並ぶような陣形、並行陣やダブルバックの陣形のダブル…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  5. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」

    ダブルスの試合、最近みなさんどうですか?ご自身が前衛の時に、…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    自分のストロークのテイクバックを、鏡で観てチェックしたい5つのポイント
  2. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない
  3. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?
  4. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第
  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる
PAGE TOP