テニス コントロール

その他

一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう

皆さん、自分自身に対する「批判の声」について、最近は耳にしたことはありますか?

日本人って、思ったことを言わない人種と言われています。

確かに、意見をぶつけ合うのが苦手な部分、ありますよね。

ですが、テニス選手として成長したいなら、あえてこの批判をしっかり受け止めていかないといけない。

この経験、姿勢こそが、アナタを強くしていくのです。

 

一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう

 


 

■ちょっと「弱音」を吐かせて下さい・・・

私自身、このサイトで意見を発信していると、たくさんのご意見を頂きます。

その中では、もちろん厳しいご意見も多い。

一番多いのは、「頭脳派テニスを推奨してばかりだと、楽しくないです!」といったご意見。

「試合に勝つためには、相手を騙したり何をやっても良いんですか?」というようなご意見も、たくさん頂きます。

少しだけ落ち込むときもありますが、私はこういったご意見、本当に嬉しく思うんです。

考えるきっかけになりますし、何より自分を成長させてくれる。

なぜなら、私自身がとても「弱い人間」だからです。

 

■自分を批判してくれる人を、大事にしよう

大事にしたいのは、自分をしっかり批判してくれる人。

通常、どうしても避けてしまいがちですよね。

「このコーチ、テニス観がどうも合わない・・・」と思っている人、いつも怒ってくる人は、話しているだけで嫌になる。

でも、そこを避けていては成長しない。

意見があれば、アナタも言えば良い。

言えないのなら、まだまだ努力と勉強が足りないのです。

甘えてばかりいては、結局試合に勝てないのを周りのせいにしてばかり。

批判してくれる人を、しっかり大事にしてこそ本当の意味でのメンタルの強さが身に付く。

だって、批判するのって、無視する何倍もパワーがいるじゃないですか。

 

■批判をしっかり受け止めて、自分を変えていく

批判されても、アナタ自身が結果的にどうするのか?が大事。

言われた通りに変えてみる、ことも大事です。

ダメだと思ったら戻せば良い。

一番まずい、成長しないのは、「意地になって何も買えようとしない人」です。

自分を批判されたことばかりに気がいって感情的になり、肝心の客観性が無くなるテニス選手、なんと多いことか。

せっかくパワーをかけてアナタに対して意見してくれているのに、それを使わないなんてもったいないです。

 

「そもそも、見当外れの批判」も、たくさんあるでしょう。

ですが、見当外れかどうかも、一度自分でしっかり考えて行動してみてこそ分かる。

人はいつでも、否定されたり変えたりするのが怖い。

でも・・・やっぱり結果論ですが、テニスが上達していく選手は皆、その経験をしている。

苦しいですが、しっかり自分に対する批判に目を向けましょう。

きっとテニスを通じて、一回りも二回りも大きくなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  4. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの

    どんなスポーツでも選手活動を続けるには、お金がいる。遠征費、ト…

  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは…

    テニスの技術において、「コースを打ち分ける」というのは簡単そうで難しい…

  6. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  2. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    テニスの試合で、「ファーストサーブが入らなければセカンドサーブ」、くらいの感覚は…
  4. メンタル

    セルフジャッジは、自分に厳しく相手に優しく
  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
PAGE TOP