テニス ポジショニング

練習メニュー

テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

毎日の部活やサークル、スクールでの練習。

自分自身、「受け身」になっていないかは常に確認したい。

全体練習はあり、全体での目的もある練習が多いと思いますが、各自の個人テーマは何か?

これは、練習が始まる前に準備してセットしておくべき問題です。

 

テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

 


 

■人から与えられる練習なんて、小学生まで

「はい、今日はこの練習しますー」と言って、コーチや上級生が練習を始める。

何も考えずにそれに従っているだけで・・・上達すると思いますか?

各自で実力もプレースタイルも、その時の課題も違う。

自分自身で、何を意識しながらその全体の練習メニューに沿って鍛えていくのか。

コートに着く前に、しっかり頭を整理しておかないといけません。

 

■部活やサークルなら、練習メニューは週単位で事前に共有しよう

その日の練習、はその日の練習前に決めていく・・・部活やサークルも多いでしょう。

私からの提案は、ざっくりで良いので週単位で実践する内容を出来るだけ具体的にする。

月曜日は並行陣、火曜日は雁行陣、水曜日はシングルス中心・・・という風に決めておくと、自分自身で個人テーマを立てやすい。

限られた練習時間で成果を出すには、しっかり自分で効率的な練習に変えていくこと。

周りに期待してばかりでは、いつまで経っても小学生のような練習しか出来ません。

 

■「個人テーマ」は自分自身で作りだしてコミットしよう

個人テーマ、自分がやるべきテニスの練習テーマは自分自身で創り出すしかない。

創り出して、約束(コミット)する。

しっかりやり切れるかどうか、やり切ったかどうかは、自分自身にしか分からない。

ですがその成果は、必ず試合結果になって現れるでしょう。

どんな環境でも、自分の意識と工夫次第でテニスはいくらでも、上を目指せます。

 

部活やサークルの雰囲気が悪いと、どうしても周りのせいにしがち。

私もかつて、いや今でもそうかも知れません。

「自分は頑張ってるのに・・・」という人ほど、自分に甘えているという現実に目を向けましょう。

まずは、練習前に個人テーマを確認すること。

この小さな意識から、全ては変わっていけます。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. 練習メニュー

    上級者とのラリーのコツ、教えます

    テニスの練習、上手い人とのラリー。かなり、緊張しますよね。…

  2. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  3. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる

    自分の成長が、周りに何をもたらすのか。ことテニスにおいても、こ…

  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  6. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効…
  2. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
  3. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、試合で勝てる選手にはなれない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう
PAGE TOP