テニス ストローク

リターン

シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。

みなさんどうでしょうか・・・?

ダブルスと違って前衛がいない分、楽に打てそうですが、そうでもない。

逆にどこにでも打てそうで、なかなか結論が出なくてミスしてしまうことも多いですよね。

ある程度、型を決めてしまえば楽ですよ。

何パターンかを相手に意識させて、迷わせる。

そうすれば、きっと相手もサーブの集中力も乱れてくれるでしょう。

 

シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

 

1.相手の正面、足元を狙う

サーブを打ってきた相手の場所、にそのまま返球する。

ベースラインでのプレーを選択する相手には、これで充分ですね。

深く返球出来れば相手も慌てますし、ボールが来た場所にそのまま返球するのは割と楽。

迷ったらこれ、でいきましょう。

センター深くへのリターンは、シングルスの基本。

相手もなかなか、そのボールをすぐに攻撃に展開、は出来ないですからね。

 

2.バックハンドへ深く、浅くリターン

ある程度コントロール出来るサーブ、ならしっかり相手のバックハンドを狙いたい。

それも、時に浅く、時に深く・・・の強弱をつけることが出来ると良いですね。

浅いリターンがあると、すごく相手も嫌なはずです。

サーブを打った後は、態勢が崩れている人も多いでしょう。

ドロップ気味、で充分。

サーブを打った後にすぐに前に走るのって、結構ハードル高いですからね。

 

3.速いサーブは、スライスで抑えよう

速く強力なサーブは、まずしっかりスライス。

これでボレー感覚で抑えていく、ことが大事になってきます。

コツは、しっかり腰からぶつけていくこと。

速いサーブを恐れて、腰が引けてしまうとボールも浮いてスライスのチャンスボールになってしまう。

低く滑る、それこそ2.で書いたような浅いスライス、になれば大成功でしょう。

速いサーブを打つ選手は、返球されるだけで落ち込んでしまう人も多いですから。

良いサーブこそ、しっかりスライスで返球して相手を動揺させましょう。

 

4.セカンドサーブは、はっきり前に入ってそのまま前にリターンダッシュ

これは、私が一番試合で使う作戦。

セカンドサーブは、前に入って叩いて、そのままリターンダッシュしていきましょう。

相手のバック側を狙っても良いですし、あまりオープンスペースは狙わなくて良い。

1.で書いたようにセンター深く、で充分ですよ。

身体に近い箇所からパッシングショット、って難しいじゃないですか。

センターからですと、相手も角度を付けられない。

だから来るのはきっとロブ、なんです。

リターンダッシュするようで、実は少し下がり目でステップして構える。

相手のロブを警戒しておけば、きっと良いスマッシュを打てるでしょう。

 

5.しっかりと軌道に高さを出す

ダブルスでは無いので、前衛はいない。

だから、サーブ&ボレーをして来ないような相手には、リターンの軌道を高くする。

深さを出していくこと、がシングルスの試合でのリターンでは大事です。

深いボールは相手も展開が難しい。

サービスゲームでも、イーブンな状態からラリーをしっかり展開出来れば、ブレイクチャンスも出て来ますよね。

もったいないのは、ダブルスでも無いのに「低いリターン」ばかり狙う人。

それって、もったいないですよ・・・前衛がいないのに、低さなんて必要無い。

シングルスの試合のリターン、ネットの2メートル上を通すくらいで良いでしょう。

 

ダブルスとの違い、を考えると結構楽。

シングルスの試合では、きっとよりじっくり戦うという姿勢が求められますからね。

余裕があれば前への動きを加える、相手を前後に揺さぶる。

この意識で、ぜひ取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  2. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう

    攻撃的なリターンで相手を追い込んでいくとき。つい、前がかりにな…

  3. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

    スライスでリターン、練習したことはありますか?普段のストローク…

  6. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コン…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てる…
  3. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
  5. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い
PAGE TOP