テニス 練習

リターン

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。

良いサーブが入って、パートナーがリターンで返球、の時に、大事なことは何でしょうか?

私は、ここでの素早い想像力、判断力だと思います。

この小さい準備で、間違いなく1ゲームの中で数ポイントは変わる。

良いサーブだと感じたら、何が必要でしょうか?

 

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

1.リターン側の作戦、はあるけれども

実際、ポイント前には打ち合わせしますよね。

「クロスに沈めるね」とか「ストレートに打つね」とか。

でも、相手のファーストサーブがナイスサーブ、深く入って来たら、どうでしょう。

心のどこかで、「思い通りのリターンにならないかも・・・」と思っておかないと、前衛として守備が出来ない。

作戦は作戦、でもそれは、厳しいファーストサーブの時には難しい、ことを自覚しておきましょう。

 

2.深いサーブが入ったら、まず相手の前衛の攻撃をケア

これがまず、大前提ですね。

良いサーブなら、当然相手の前衛がポーチに出て来る、参加してくる可能性が高い。

リターンも振り遅れて、自然とストレート方向に飛んでいく可能性も高くなります。

まず、相手の前衛を見て、しっかり足下のボールをケアする。

自分たちの攻撃より、相手の攻撃をつぶすことを優先しましょう。

この判断が、パッとサーブが通過したのを見て、素早く出来るかが肝になります。

 

3.横目でサーブのレベル、を素早く判断しよう

前衛に立っていると、横をサーブが通過していく。

当然、まずは入っているかどうかのジャッジ、があります。

その後には、入っていたらそれが「深いのか、浅いのか」もしっかり判断する

浅いなら、打ち合わせ通りの攻撃。

深いなら、まず相手の攻撃もケアする。

深いサーブでも、自分のパートナーの力量なら、どういうリターンが出来るのか、も考える。

出した結論で、パッと準備する。

このバランス感覚、がダブルスの試合では大事なんですよね。

 

4.「攻撃的にいけるのか?」の判断をしているだけ

難しく考えなくて良いと思います。

要は、どっちが主導権を握れるか、という話だけ。

その判断を早くするだけですから。

相手が優位になりそう、サーブ側が押して来そうなら守りから入る。

リターン側から攻撃出来そうなら、思い切って早めに前に詰めるのも有りでしょう。

大事なのは、毎回しっかり、瞬時に判断すること。

同じようなポイント、は二度と無い訳ですからね。

 

小さい動き、構えですが、これで間違いなく試合は変わります。

反応が良い前衛って、この辺りの準備、判断が早いんですよね。

相手のサーブを、前衛の位置から見極める。

パートナーの力量と、しっかり比較して判断する。

ダブルスの試合では、これが基本です。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見…

  2. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

    リターンゲームで、サーブが返せない。強い相手との試合だと、それだけ…

  4. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  6. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイ…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  3. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
PAGE TOP