ダブルス

相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

相手の前衛がポーチに出られて、決められてしまう。

これを、ただのナイスプレーだと思っていると、アナタ側のペアはずっとやられ続けるでしょう。

相手前衛に、いいようにやらせないのは、前衛であるアナタ自身の仕事。

ナイスポーチ、の前に出来ることがたくさんあるはずです。

相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

 


 

1.相手が動く前に、予兆を感じること

相手が動く前、に気付けるかどうか。

よく考えてみて下さい。

相手の前衛、アナタ側のペアの後衛が打つ前に、必ず動き出しているはず。

強いダブルスペアの前衛は、いつでもアグレッシブです。

その相手の動き、をいち早く感じて、察する。

そうすれば、守備的なコースに入る、低く構えて守備力を上げることだって出来る。

毎回楽に決められている、ようではダブルスは勝てない。

相手の前衛をマークする、ポーチされるにしても、タダじゃ決めさせないという心意気が大事です。

 

2.まずはセンター、をしっかり守ろう

相手の前衛が動いてきたら、まずしっかりセンターを守る。

これは、実戦では鉄則です。

もし私が前衛で、相手の動きに気付いたら2人の間、サービスラインのT字の部分をしっかり守ることを意識します。

安全なところ、には決めさせないようなイメージですね。

そこからアングルボレー、に展開してもらってアウトがもらえればラッキー。

相手にプレッシャーを与えるのは、何も攻撃だけじゃないですから。

いち早く、良い守備のポジションを取るだけでも、ポーチの攻撃力を削ぐことは出来るはずです。

 

3.ラケットで触れる範囲は、絶対に拾うことが大事

まず、しっかり意識を持ちましょう。

自分の触れるところ、に打たれたらしっかり触る。

なんとか返球する、ところまでもっていきたいんですよね。

相手からすると、ポーチ一発で決まらないような姿勢を見せること、が大事なんですよ。

そのポイントが取れなくても、次につながりますから。

絶対に、相手は警戒してもっと厳しいコースに打とう、と思うか、もうポーチ自体に出なくなる。

粘りを見せる、前衛をマークしている姿勢を見せることって、ダブルスでは大事です。

 

4.返球出来ればチャンスになる、のが私たちのレベル

読者のみなさんのレベルにも寄りますが、私はこう考えています。

相手のポーチ、をしっかりマークして返球出来れば、それはそのままチャンスにつながる。

相手も、決まったつもりでいますからね。

結構隙だらけ、なんですよ。

これで反撃出来ると、試合に流れも変わるし癖になる。

ポーチに出られることが怖くなくなるし、カウンターがアナタ自身の武器になるはず。

まずは早く相手の動きに気付くこと、それから良いポジションを取ること、触ること。

そこから、ですね!

 

私はよく、ダブルスのパートナーにこう言います。

「前衛に出られても気にしないで!何とか返すから!」と。

実際、何とかならない場合も有りますが、結構拾えるものですよ。

こうやって声をかけられたら、後衛も楽じゃないですか。

相手前衛に捕まっても良い、と思えますしね。

そんな前衛、一緒に目指しませんか?

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  2. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

    学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦って…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

    ダブルスの試合、後衛の攻撃に前衛が応える。これが、一番良い形、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    現在、有明テニスの森公園で開催されている全日本大学対抗テニス王座決定試…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

    ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてます…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い

    ミックスダブルス、しっかり女性をサポート出来る男性、カッコイイですよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから
  2. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて
  3. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  4. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
PAGE TOP