テニス スライス

戦術

準備とは守りではなく、武装である

準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。

その背景にある考え方は、こうじゃないと、という話です。

準備、備えと言うと、どうしても守備的なイメージを想像される方も多いと思いますが・・・実は違う。

私の考える準備とは、勝つための攻撃の準備、ですから。

 

準備とは守りではなく、武装である

 

1.想定外を、想定する

これが、私がいつも考えていることです。

良いことも悪いことも、試合での想定外を無くす。

出来るだけ、ノートに書き出してみたりして可視化する。

「この試合では、何が起きそうか?」

「Aが起きたときには、何をやろうか」

「相手がBで来たら、慌てずこれをやろう」

こういう小さいことを、とにかく書いておく。

書いて使わないこと、の方が圧倒的に多いですけどね。

そしてそのスタンスは、あくまで攻撃的に、です。

 

2.相手のボールを受ける時は、守備であり攻撃でもある

テニスって、そういう競技じゃないですか。

相手のボールを受けるとき、ボールを打ち返すときは、守備でもあり攻撃でもある。

だからこそ、決断力と準備が大事なんですよね。

ただ守るだけなら、試合の現場でとっさに反応、も出来るでしょう。

でも、それだけだと試合では勝てないですよね。

「どこに、どう返すのか」が大事になって来る。

具体策で準備して、武装する。

そう、しっかり返球して相手を追い込んでいく位の意識でちょうど良い。

「簡単に俺を攻撃すると、いつでも反撃するよ」くらいの感覚で、武装準備をしていきましょう。

 

3.なぜ武装が効くのか、それは相手に隙があるから

例えば、ダブルスで相手のポーチを打ち込まれる前衛、になったイメージで考えてみましょう。

もう、ハイボレーを打つ構えで相手はノリノリ。

こちらは、絶対絶命。

でも、私はここでこそ、武装した準備が活きると思っています。

カウンター、まずは打って来た相手の方向に打ち返す、だけでも良いカウンターになる。

武装して準備しておく、くらいの意識でやっと、この反撃が出来るでしょう。

普段から、こういう意識で練習すると良いですよ。

相手の打ち込む瞬間、に目を輝かせるようになりますから。

そうなったらもう、アナタ自身勝利は近いです。

 

4.相手が攻めて来ない、ことに対しても準備を

もちろん、これも大事ですね。

お互いにカウンターが得意な選手同士、攻めれないでモヤモヤする試合だって多いのがテニス。

ここで、先に口火を切れるかどうか。

相手の武装すら、恐れてはいけないと私は思います。

こういう時には、焦らずじっくり、でも先手を打つこと。

攻撃していくのが苦手な人って、意外と多いじゃないですか。

それすらも、しっかり準備してやることを決めて入りましょう。

アナタが思っている以上に、相手はそれが怖いはずですよ。

 

試合は準備で決まる。

だからこそ、アナタ自身試合の前に使う時間、しっかり作りましょう。

何となく、でダメ。

10分で良いのでテニスノートと一緒に、が大事です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

    試合前に考えること。色々不安になることもあると思いますが、逆に…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  3. 戦術

    テニスの試合を観戦して、強くなる人の特徴5つ

    テニスの試合を生で観戦すること。私は、これは自分を選手として成…

  4. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  5. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

    試合に出ていると、練習と違うこと多くありますよね。相手も自分を…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように

    テニスの試合の面白さ、の一つは相手との駆け引き。予測して動いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング
  3. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  4. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
  5. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
PAGE TOP