テニス ストローク

フットワーク

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプですか?

私は、とにかくカウンターが上手い相手、です。

最近のプロ選手のシングルスの試合を観ていても、若手の選手もすごくカウンターが上手いんですよね。

ただ下がって粘る、だけじゃないカウンターテニス。

でも、皆さんちょっと誤解してませんか?

 

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

 

1.下がってる状態からカウンターなんて、非現実的

よく考えてみると、そうじゃないですか?

どんなに鋭い読みで、相手のボールに先回りしても、それがベースラインの遥か後方だと・・・何も怖く無い。

ただの粘りの一環、でしかないでしょう。

そして、強い相手にはこういう粘りはそう長くは続かない。

大事なのは、下がって粘りつつも、カウンターで攻めていくときには「前に入る」という意識です。

攻撃の姿勢が無いと、試合で使えるカウンターショットなんて打てないですよ。

 

2.相手に「打たせる」「誘う」意識が大事

対戦相手を、自分でコントロールしていく意識を持ちましょう。

すごく難しい?ですか?

確かに、簡単では無いでしょう。

でも、自分であえてコースを空けて待ってみたり、テニスでは色々と罠を張るような仕掛けは作れるはず。

意図的に相手を動かし、打たせて、そこに自分は待ち構えておく。

このコントロール意識こそ、カウンターの名手には不可欠です。

 

3.前に入ってタイミングを速くする、から相手は慌てる

「え?そのタイミングで返ってくるの・・・?」と、相手に実感させる。

ボールの威力、よりもタイミングの速さ。

相手が攻撃して、その余韻が残っているくらいのときに、相手コートにボールを運んでいく。

激しく打ち返す、というよりは、構え直せていない相手にもう一回触らせる、くらいでちょうど良い。

きっと、相手は慌ててミスしてくれる。

でも、これはミスではなくてアナタのカウンター技術そのもの、なんです。

 

4.ボレー戦になったときに、とても有効!

私はこのカウンター意識、特にダブルスのボレー戦で意識しています。

ボレー対ボレー、になったときには、相手は結構余裕が無いんですよ。

打ったボールを見ている、構え直せていない、だから相手に出来るだけ2回目のボールを早く触らせていきたい。

そうすれば、すごくチャンスが拡がりますからね。

強いボールを打つ、必要はありません。

出来るだけ前に入って、速いタイミングで相手コートにボールを戻してあげる。

それだけで、慌ててパニックになる人たちが多いですから。

 

待っているだけ、ではいつまで経ってもカウンターに必要な技量は身に付かない。

「あ、こういうのが相手は嫌なんだな・・・」というのが分かれば、すごく快感になる。

だからこそ、しっかり前に入る、速いタイミングで戻してあげるだけで良い。

カウンターって、テンポを変えることだと思って下さい。

後ろで待っていても、何も事を興すことは出来ないですからね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足元のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足元に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  3. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

    どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。打っているボー…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    相手の打球に先回り、出来るようになれればテニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

  6. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK
  2. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス
  3. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
  5. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」、という発想だけだと、余りに単純過ぎる
PAGE TOP