テニス ストローク

フットワーク

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプですか?

私は、とにかくカウンターが上手い相手、です。

最近のプロ選手のシングルスの試合を観ていても、若手の選手もすごくカウンターが上手いんですよね。

ただ下がって粘る、だけじゃないカウンターテニス。

でも、皆さんちょっと誤解してませんか?

 

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

 

1.下がってる状態からカウンターなんて、非現実的

よく考えてみると、そうじゃないですか?

どんなに鋭い読みで、相手のボールに先回りしても、それがベースラインの遥か後方だと・・・何も怖く無い。

ただの粘りの一環、でしかないでしょう。

そして、強い相手にはこういう粘りはそう長くは続かない。

大事なのは、下がって粘りつつも、カウンターで攻めていくときには「前に入る」という意識です。

攻撃の姿勢が無いと、試合で使えるカウンターショットなんて打てないですよ。

 

2.相手に「打たせる」「誘う」意識が大事

対戦相手を、自分でコントロールしていく意識を持ちましょう。

すごく難しい?ですか?

確かに、簡単では無いでしょう。

でも、自分であえてコースを空けて待ってみたり、テニスでは色々と罠を張るような仕掛けは作れるはず。

意図的に相手を動かし、打たせて、そこに自分は待ち構えておく。

このコントロール意識こそ、カウンターの名手には不可欠です。

 

3.前に入ってタイミングを速くする、から相手は慌てる

「え?そのタイミングで返ってくるの・・・?」と、相手に実感させる。

ボールの威力、よりもタイミングの速さ。

相手が攻撃して、その余韻が残っているくらいのときに、相手コートにボールを運んでいく。

激しく打ち返す、というよりは、構え直せていない相手にもう一回触らせる、くらいでちょうど良い。

きっと、相手は慌ててミスしてくれる。

でも、これはミスではなくてアナタのカウンター技術そのもの、なんです。

 

4.ボレー戦になったときに、とても有効!

私はこのカウンター意識、特にダブルスのボレー戦で意識しています。

ボレー対ボレー、になったときには、相手は結構余裕が無いんですよ。

打ったボールを見ている、構え直せていない、だから相手に出来るだけ2回目のボールを早く触らせていきたい。

そうすれば、すごくチャンスが拡がりますからね。

強いボールを打つ、必要はありません。

出来るだけ前に入って、速いタイミングで相手コートにボールを戻してあげる。

それだけで、慌ててパニックになる人たちが多いですから。

 

待っているだけ、ではいつまで経ってもカウンターに必要な技量は身に付かない。

「あ、こういうのが相手は嫌なんだな・・・」というのが分かれば、すごく快感になる。

だからこそ、しっかり前に入る、速いタイミングで戻してあげるだけで良い。

カウンターって、テンポを変えることだと思って下さい。

後ろで待っていても、何も事を興すことは出来ないですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

    ダブルスの試合で、自分が前衛にいる時に相手前衛が打ち込んで来る・・・。…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

  3. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます

    テニスというスポーツの特徴は「打つ」というのが主流だけど、それ以外にも…

  4. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?

    攻撃していきたいのに、ポジショニングがおかしい。そんな人が、試…

  6. テニス リターン

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  2. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  3. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように…
  4. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  5. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
PAGE TOP