テニス 観察眼

戦術

相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?

相手のミスを、しっかり自分のポイントとして認識する。

これ、当たり前のようですがかなり意識に差があるような気がします。

良い、悪い、という訳ではなくスタンスの問題。

ですが、結果的に自分がどうやれば結果が出しやすい、勝てる勝率が上がるのか、を考えてみて下さい。

私も、昔は相手のミスなんて嬉しくはありませんでした。

でも今は・・・自分がナイスショットを打つのと同じ、いやそれ以上に快感ですね。

 
 

相手のミスは、なぜ起きる?

全ては自分に起因している

こう考えられるようになると、考え方が変わります。

相手が、何てことないボールをミスする。

その要因は、どこだろうと考えてみる。

「あ、それは自分が起因してるんだ」と、気付けるかどうか。

気付けなかったら、そりゃ楽しくないし価値を感じられないですよ。

勝てる選手は、よく理解している

自分が得点、ナイスショットでノータッチエース、でも同じ得点。

だからこそ、勝てる選手はよく理解してるんです。

相手からいかに、ミスをもらうのか。

それを、自分からどう主体的に仕掛けていくのか。

これが意識出来れば、変なプライドは捨てて「ミスを引き出すテニス」が楽しくなってくるはずです。

アナタは、何を望んでいる?

きっと、数回勝つだけ、ではないはず。

トーナメント大会で、しっかり勝ち抜いて結果を出したい、というのが目標でしょう。

だったら、いかに体力を温存出来るか、も大事なポイント。

相手からミスをもらう、自分は必要以上に動かない、というのも本当に大事な考え方。

自己満足なテニスの人ほど、相手からのミスなんて要らない、楽しくないというスタンスなんですよね。

きっと、みなさんは理解出来ているでしょう。



相手のミスには、法則がある

法則を掴めば、やることは同じ

相手がミスをするとき。

それは、必ず法則があります。

相手であるアナタ自身を避けようとする、または自分が苦手なショットを打つ時。

基本はこの2つ、だと考えて良いでしょう。

いかに、試合の中でこの2つのシチュエーションを作ることが出来るか。

良いショット、を打つ以上にこのスタンスが大事になるのが試合です。

自分を避けるようなショット、とは?

例えば、アナタ自身がポーチに動く。

それを相手リターンが避けようとして、サイドアウト。

これなんか典型例ですよね。

相手のチャンスでも、必死に走ることでより厳しいところを狙うように仕向けることも出来る。

自分を避けるようなミス、を引き出したければ、アナタ自身が動かないとダメ。

ただ待っているだけでは、相手も楽な訳ですから。

苦手なショットを打たせる

これも、テニスの試合での基本ですね。

相手に苦手なショットを打たせることも、ミスを引き出す大前提。

バックハンド、ボレー、もしかしたらフォアハンドかも知れない。

アナタ自身が主体的に狙うことで、初めて人はミスをするんです。

ただ何となく、ではなく徹底的にしたたかにいきましょうよ。

そうすれば、アナタ自身も楽になるはず。

意図的な作戦でミスをもらうのって、本当に快感ですよ。

   

相手を変化させるから、テニスは楽しい

自分が良いショットを打つだけ、で良いの?

それで楽しい、という人もいるでしょう。

当然、テニスを始めたころは私もそうでした。

でも、30歳を超えたくらいから、楽しい基準が変わってくるんですよね。

人を動かす、変化させる、自分の影響力があることを感じられる。

それが、楽しいと感じられるようになる、どこかでそのタイミングが来るはずです。

そうなると、試合へのスタンスも変わって来るから面白いですよ。

人間って、面白い

それは、自分も含めて相手も、です。

人間って、ミスをする存在だから面白い。

これがテニスの醍醐味でもあると思うんですよね。

簡単なショット、何でもないショットが、急に入らなくなる。

でもその要因は、どこかで自分が創り出していると思えたら。

人間って本当に面白い、と思いませんか?

自分主体の結果は、楽しい

自分が相手からミスを誘う、準備してきたことが効果がある。

これだと、やはり楽しいと感じられるようになるんです。

何の準備や作戦も無いのに、相手がミスしてもそりゃ楽しくないですよね。

ただ単に、ラッキーなくらいにしか感じない。

あくまで自分で攻める、独りよがりなテニスになりがちです。

自分主体で、自分がコントロール出来た結果なら、楽しいし成長も早いですよ。



相手は、なぜ自分がミスをしているのか分からない。

どこか、自分の調子が悪いだけ・・・と、思ってくれている間は、勝てます。

試合の中で、全てをコントロールするのはアナタ自身ですよ。

ミスをもらう、相手から引き出す準備は試合前から始まっている。

それくらいの意識、で戦いに挑みましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が学生…

  2. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている

    試合では、相手は待っているそう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃…

  3. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  4. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る

    テニスのプレーは、後ろの方が簡単?どちらかと言えば、後衛の方が…

  6. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない

    T-PRESS上では、何度も書いて来ました。「準備で差が出る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない
  2. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  3. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
  4. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
PAGE TOP