ストローク

錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピンロブ」があります。

錦織選手も、最近意識してかよく使っているような印象を受けるこのショット、まさに「上級者のテニス」の象徴のような技術かも知れません。

確かに、実際打つとなると難しい技術であるのは間違いありません。

ですがやっぱり試合で必要なショットとして、上のレベルを目指す人であれば身に付けて欲しいこのショット。

錦織選手のように、「空中で一度止まる」ようなキレのあるトップスピンロブ、一緒に磨いていきましょう!

錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

■厚いグリップとスィングスピードは絶対に必要

厚いグリップ、は通常のストロークよりも必要になります。

通常のストロークのトップスピンの回転量の、1.5倍くらいは欲しいところ。

「厚いグリップだと、力が入らない・・・」という方は、打点をしっかり前に取りましょう。

そしてインパクトと同時に、思い切り上に振り抜いていくようなラケットの軌道で振ってみる。

ラケットのどこに当てると打ちやすいか・・・も、ぜひアナタ自身で研究してみて下さい。

まずはボールの回転量が増えて、球速自体は「遅くなる」のを確認しましょう。

回転量が増えれば、球速は自然に遅くなるのです。

 

■相手の頭上のどこを通すか、を覚えておく

相手の頭上、どのあたりを通すのかをしっかり確認しておきましょう。

ロブだから高ければ高い方が良い・・・というのは、実は間違い。

相手に触られない程度に「低い」方が、スピード感があって鋭いロブになり、試合では有効なのです。

ネットに出てきた相手はパッシングショットも警戒しているので、その逆を突くイメージであれば、低いロブでも充分通過できてエースになる。

大事なのは、トップスピンロブの精度と同時に、いかに「パッシングショットもあるぞ」と思わせる演技力、なのです。

 

■地面をキックすることで、下から上へパワーを伝えられる

もう一つ、トップスピンロブのコツは、しっかりと地面をキックして「上方向」へ力を伝えること。

腕だけ、上半身だけの力でボールを飛ばそうとすると、限界があります。

錦織選手も、トップスピンロブを打つ際には、ジャンプしながら打っているような場面も多いですよね。

あの動作によって、しっかり身体全体でボールに縦回転をかけている。

当然、ラケットのスィング自体はコンパクトにして、それでも鋭く振り切っておくことが大前提。

まずは低い態勢からコートをキックする、打点を前で、スィングスピードは速く保つのを心がけてみて下さい。

 

実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、このトップスピンロブは使えます。

初中級くらいの対戦相手であれば、スマッシュを打たれても大丈夫。

急速に下降してくる打球、ロブをスマッシュで打つのは難しいので、きっとコントロールが難しいでしょう。

スライスロブと混ぜれば、相手も混乱して勝手に崩れてくれるはずです。

しかし上級者相手では、違います。

厳しいトップスピンロブでも、腕を伸ばしてハイボレーでつないでくるかも知れません。

崩す為の一手としても、しっかりこの技術は準備して忍ばせておくようにしておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  3. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  5. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物

    みなさんも試合をしていて、「強い!」と感じる相手、いますよね。…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察…
  3. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「勝負事に勝つイメージを付けたい!」人に超絶オススメなのドラマ作品とは?
  5. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?
PAGE TOP