テニス サーブ

サーブ

「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

目次

テニスの試合って、辛い・・・。

そう感じるときって、どんなときですか?

試合に負けたとき?

はもちろんそうですが、それ以上に、「試合に負けそうなとき」が一番苦しいときかも知れません。

そんなときに、自分自身がどんなプレーが出来るか。

テニスプレイヤーとしての真の実力が、問われる場面です。

「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

■相手のマッチポイント、でセカンドサーブになると・・・?

想像してみて下さい。

ゲームカウント4-5、30-40で、ファーストサーブが入らない。

そんなときに、自分を信じてセカンドサーブを振り切ることが出来ますか?

相手のマッチポイント、ダブルフォルトで終わるのは絶対に嫌ですよね。

とはいえ、相手もマッチポイントですのでかなり気合いが入った攻撃をしかけてくる可能性も高い。

こんなプレッシャーのかかる場面で、打てるサーブこそアナタの実力を如実に現すのです。

■普段から、「振り切って入る」セカンドサーブを磨いておく

セカンドサーブを、「ファーストサーブを弱めに打つ」というような調整で打っていると、こんな場面では厳しくなります。

力の加減って、プレッシャーのかかる場面では本当に難しい。

しっかり「振り切る」ようなフォームにしておかないと、身体を動かすときに迷いが生じてしまいます。

そう、「ファーストサーブ」と「セカンドサーブ」は、打ち方、もしくはグリップを代えましょう、

どちらも、しっかり振り切る、つまりはスィングの途中で何かを調整したりはしない、そんなフォームに仕上げておくことをオススメします。

■相手のマッチポイントで、プレッシャーを感じたときは・・・

それでも、相手のマッチポイントでのセカンドサーブは、緊張しますよね。

経験のある人も多いと思います。

ではそんなとき、どんな対応策があるのか・・・今回は、一つだけアイデアをご紹介。

それは、「マッチポイントはピンチだけど、凌げば大チャンスに変わる!」という意識をもつこと、言い聞かせること。

テニスというスポーツは、マッチポイントを逃すと一気に流れが変わる。

相手の落ち込み方が、半端じゃないケースも多いのです。

そうなるには、非常にリスクが高いですが逆にマッチポイントを握らせておいて、追い付いて逆転するというのもプランになるのかも知れません。

それくらいの、吹っ切れた考え、テニスの試合では必要なときもあります。

セカンドサーブのポイント獲得率、計算したことはありますか?

今最強と呼ばれるジョコビッチ選手、他の選手と比較してこの数値が圧倒的に高い。

セカンドサーブでの獲得率は60%を超えれば、非常に安定感があるサービスゲームを展開できます。

試合では、緊張とプレッシャーの繰り返し。

苦しんだ先に、勝利がある。

だからこそ、今一度厳しい試合の場面の中でのセカンドサーブ、見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ

    試合で使う、サーブ&ボレー。でも、なかなか成功しない、ミスのイ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

    サーブ&ボレーの選手が勝てなくなって久しいと言われていますが、…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
  5. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?
PAGE TOP