テニス スマッシュ

その他

思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。

テニスの試合では、よくあるパターンです。

そんなときには、一旦思考を止めてみる。

ある意味、身体が動くままに任せてみる、というのも大事な一手になるはずです。

特にシングルスの試合では、会話する相手もいませんからね。

自問自答は大事ですが、やり過ぎて自分を苦しめてもまた、意味が無いのです。

 

思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

 

1.楽しんだもの勝ち、と考えてみる

テニスの試合、苦しいことばかりですが・・・やはり、この姿勢も大事です。

「せっかくだから、もっと楽しもう」と、自然に思えるかどうか。

特に考え過ぎて、準備したことが裏目に出ているような試合では、こういう切り替えも大事ですね。

思考を停止する、あくまで身体と心でテニスを楽しもうと自分に働きかけてみる。

そこからプレーが変わっていけば、きっとスコアも調子も戻ってくるでしょう。

 

2.思い通りに動かないとき、変えの一手があるかどうか

どうにも調子が悪いときって、絶対にありますよね。

例えばサーブ。

サーブが入らないと、もう何をやっても楽しく無いし上手くいかない、調子が上がらない。

気分が乗っていけないから、考えること自体が億劫になって、上手くいかない。

身体も動かない・・・ときに、次の一手がアナタにはありますか?

私は、3rdサーブも持っていて、とにかく遅くても入れにいくサーブ、を使います。

そして、もうとにかく走って返そう、一旦細かい作戦や思考は停止して、テニスを楽しもうと決める。

そうすると、自然と相手もやり辛さを感じてミスしてくれて、スコアが追い付いていく。

本当にキレイなテニスでは無いんですが、思考を止めてみると起きること、って絶対にテニスではあると思うんです。

 

3.緊張から身体が動かない、ことも想定しておこう

大事な試合になると、本当に緊張して動けなくなるときもある。

こんなときも、ガチガチに固めた作戦は逆に自分たちを苦しめるときもあるでしょう。

ポーチに動く、と伝えていても動けない、ときもあるでしょう。

ここまである程度、想定内で準備しておきましょう。

自分やパートナーを責めても、何も良いことは無い。

思考を停止して、「もう、お互いやりたいようにやろうか?」というポイントを作ったって良いでしょう。

緊張しているときに自分たちを苦しめること、は試合では逆効果ですしね。

 

4.考え過ぎて動けない、自分を変えていこう

でも、これってテニスの試合だけじゃないでしょう。

考え過ぎて動けない、たくさんの選択肢に身体が付いていかないこと、試合の現場以外でもあるはずです。

自分を変えていく勇気、ありますか?

きっと、テニスを変えていけば日常生活もちょっとずつ変わっていくと思うんですよね。

思考を停止して、どこかで思い切って動いてみる。

見えない何かを掴むつもりで、自分の殻を破ってみる。

考え過ぎて動けない・・・思考を止めてみると・・・実は素の自分、が見えてきたりするものです。

 

テニスって、本当に面白い。

考えて考えて、考え過ぎてやったことが上手くいかず、何も考えていないときにポンと出来てしまう。

でも、これだけは言えます。

ポンと出来たときも、それは日々、アナタがしっかり考えてテニスをしてきたからこそ。

思考を停止しても、それまで考えていたことはどこかに色濃く反映されるはず。

だからこそ、考え過ぎなくても大丈夫なんです。

きっとこのサイト、をご覧になっている方は、普段から嫌というほど考えているでしょうから。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    言葉は強く、残り続ける

    昨日の祝日は、本棚の片づけを。年末年始は広島に帰省していたの…

  2. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  3. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ

    テニスコーチにテニスを習っている、または部活でたまに指導してもらってい…

  4. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?

    先日、私の周りでこんな議論がありました。「マナーが良い選手は、…

  5. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  6. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

特集記事

  1. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能にな…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」…
PAGE TOP