テニス 指導

メンタル

テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。

確かに、試合になると別人のように力を発揮する人も、いるでしょう。

ですがその逆、の方がむしろ試合には出やすい。

非日常のようで、実は日常の中の細かい部分が出てしまう。

それがテニスの「試合」です。

 

テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

 

1.試合は実は、アナタのイメージ通りに進んでいる

皆さんも、経験無いですか?

「いやー今日の試合は、全然思い通りにいかなかったわ・・・」と話していても、実はそうじゃない。

自分では理解していて、「まぁ、そうなるよな。。苦手なバックハンド、やっぱり攻撃されて返せなかったし・・・」と、感じている。

試合前に考えていること、思考はほぼ現実になる。

これは、テニスの試合の中でまず覚悟していおかないといけないこと、なんです。

 

2.思考が現実になる、と思えば思考を変えれば良い

準備段階で、思考を変えてみる。

例えば先ほど書いたように、バックハンドが苦手ならあえて「相手に狙わせてみる」ことを意識してみる。

自分がフォアハンドを空けて待てば、バックハンドの狭いスペースを狙わせてアウトも狙えるし、リターンのポジションで揺さぶることも出来る。

つまり、苦手な部分を逆に武器として活用しちゃう訳です。

これも一種の、思考の改善。

思考が現実になるテニスの試合では、いかに自分をコントロールするか、が大事なんです。

 

3.みなさんに足りないのは、圧倒的に「言葉」です

私が何度もテニスノートを勧めるのは、「言葉」が身に付くから。

自分のテニスを言葉に出来ないと、思考を変えることも理解することも出来ないのです。

何となく「ボーっと」練習をして、試合をして、また繰り返し。

これでは、「思考が現実になっているかどうか」も本当は分からない。

ただ自分をメンタルが弱い人、と決めつけて諦める・・・のって、悲しくないですか?

 

言葉を意識して多く使い、自分のテニスを言葉にしてみる。

これだけで、思考が変わり行動が変わり、テニスが変わり結果が変わります。

私自身、この記事を書いているのは自分の思考を整理して変えて、テニスの試合で勝ちたいから。

誰でも出来ること、やるかやらないかはアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  3. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、テニスの技術以上に経験と準備の差が大きく出る

    テニスの試合、ほとんどが1セットマッチ。この試合形式、競って5…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  5. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であることを、自覚しよう

    アナタ自身、テニスの試合で「僅(わず)かな差」で試合に負けた経験はある…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス グッズ

    テニス知識

    最近のテニスで、私が役立っている&欲しいモノ5選
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、「センターの深いボールから、無理してサイドに展開…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  5. テニス メンタル

    リターン

    「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウント…
PAGE TOP