テニス メンタル

メンタル

「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?

どんな人にも、言葉にできる、その価値のある特徴があります。

これが出来るようになり周りとコミュニケーションが取れるようになると、ダブルスのペアが見つかったり試合に誘ってもらえたりと、テニスのネットワークが拡がっていくでしょう。

 

「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

 


 

■自分のテニスを言葉にすることを、怖がってはいけない

「自分のテニスは、そんな大したことないし・・・」と、目を背けてはいけません。

言葉にすることは、どこか怖いような部分もありますよね。

でもテニスの上達には、自分のテニスに対する客観性が不可欠。

グリップの厚い、薄いなど、テニス独特の表現も、何となく分かっている、という段階から1ステップアップしていく必要があるのです。

 

■日常の言葉にすることで、自分のテニスに責任感と自覚が生まれる

自分のテニスに責任感を持たせるには、言葉にして発信することが一番です。

具体的に「県大会にいく!」というのも良いですが、「こういうショットを打てるようになって、こんなプレーを身に付ける!」という感じで、プレーにも具体性を持たせましょう。

そうすることで、周囲の練習に対する意識も変わる。

「あいつは今ボレーを頑張ってるから、しっかり繋いで打たせるようにしよう」という雰囲気になってくると、チームとして強くなっていきます。

 

■テニスについて読み、書き、話すことは人生を豊かにしていく

このサイトを読みに来て頂いている方は、きっとテニスの試合で勝ちたい、という高いモチベーションを持っているはず。

であれば、情報の取得と発信に、もっと貪欲になっても良い。

今の時代は動画や書籍、一般大会の試合観戦など、色々なツールでテニスに触れることができます。

ぜひ観て聞いた内容を、さらに自分の言葉にして、テニスノートや周囲とのコミュニケーションに活かしてみて下さい。

 

テニスが上達したければ、とにかく研究は避けて通れません。

私自身、もちろんコーチや様々な人から教えられた技術も多いですが、多くは自分で研究して結論を出したもの。

それを試してみる中でカスタマイズして、自分なりの技術に仕上げていくからテニスは面白い。

この醍醐味に、ぜひアナタも触れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  2. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

    皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。…

  3. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしまうのか?

    「いつも通りにやれば、大丈夫!」と、言われれば言われるほど、緊…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

    いつものテニスの練習、皆さんはどんなメンバーで行っていますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  3. テニス メンタル

    その他

    「基本のストロークが出来て、ラリーがつながるようになったら次はボレー」みたいな順…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?
PAGE TOP