テニス メンタル

メンタル

「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?

どんな人にも、言葉にできる、その価値のある特徴があります。

これが出来るようになり周りとコミュニケーションが取れるようになると、ダブルスのペアが見つかったり試合に誘ってもらえたりと、テニスのネットワークが拡がっていくでしょう。

 

「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

 

■自分のテニスを言葉にすることを、怖がってはいけない

「自分のテニスは、そんな大したことないし・・・」と、目を背けてはいけません。

言葉にすることは、どこか怖いような部分もありますよね。

でもテニスの上達には、自分のテニスに対する客観性が不可欠。

グリップの厚い、薄いなど、テニス独特の表現も、何となく分かっている、という段階から1ステップアップしていく必要があるのです。

 

■日常の言葉にすることで、自分のテニスに責任感と自覚が生まれる

自分のテニスに責任感を持たせるには、言葉にして発信することが一番です。

具体的に「県大会にいく!」というのも良いですが、「こういうショットを打てるようになって、こんなプレーを身に付ける!」という感じで、プレーにも具体性を持たせましょう。

そうすることで、周囲の練習に対する意識も変わる。

「あいつは今ボレーを頑張ってるから、しっかり繋いで打たせるようにしよう」という雰囲気になってくると、チームとして強くなっていきます。

 

■テニスについて読み、書き、話すことは人生を豊かにしていく

このサイトを読みに来て頂いている方は、きっとテニスの試合で勝ちたい、という高いモチベーションを持っているはず。

であれば、情報の取得と発信に、もっと貪欲になっても良い。

今の時代は動画や書籍、一般大会の試合観戦など、色々なツールでテニスに触れることができます。

ぜひ観て聞いた内容を、さらに自分の言葉にして、テニスノートや周囲とのコミュニケーションに活かしてみて下さい。

 

テニスが上達したければ、とにかく研究は避けて通れません。

私自身、もちろんコーチや様々な人から教えられた技術も多いですが、多くは自分で研究して結論を出したもの。

それを試してみる中でカスタマイズして、自分なりの技術に仕上げていくからテニスは面白い。

この醍醐味に、ぜひアナタも触れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  3. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い

    先日、とある高校の部活の練習の中で「100球ラリーを続けよう」という練…

  4. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

    冷静に攻撃し続けて、相手を仕留める。またはミスを誘うために、必…

  5. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

    部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォー…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想方法4つ

    今回は、テニスならではの難しいテーマで。私自身、何度も経験して…

特集記事

  1. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は、ボールをバウンドさせる場所を…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、「イレギュラーは仕方ない」と思っているから試合で…
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント
  4. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合では、「スコア差があっても無くても」集中力に差が生まれてはいけない
PAGE TOP