テニス 準備

メンタル

試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

これも、当たり前のこと・・・でしょうか?

私たちは、つい試合会場に着くと、自分を見失ってしまう。

「アレもできるはず、コレもできるはず」と思う時もあれば、「何をやっても上手くいかないかも・・・」と、弱気になることもある。

でも、大事なのはこの意識ですね。

焦らず、自分を大きく見せようとせず、しっかり自分のテニスを出し切れば良いんです。

 

試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

 


 

1.焦っても、何も始まらない

試合が始まってみると、どうやら相手はかなり上手い。

焦って自分も良いショットで対抗しようとしても・・・どうでしょう。

ミスが早くなって、自滅していくだけじゃないでしょうか?

強い選手との試合って、意外と相手からナイスショットで決められるポイントって、少ないんですよ。

自分が勝手に無理をして、焦って、自滅していくポイントの方が圧倒的に多い。

もちろん、私もそんな経験、たくさん積んで来ました。

 

2.試合会場では、魔法も何も効かない

むしろ、いつもの練習の時より実力は落ちる。

それは、アナタ自身の緊張やメンタル、に寄るものだけじゃありません。

初対面の相手、会場の雰囲気、ニューボール、コートサーフェス・・・全てが違うんですよ、試合では。

練習は毎回、同じ場所で同じメンバー、がほとんどだと思います。

そう考えると、焦る前に準備したいのは「いつも通りにはいかない、魔法は効かない」ということ、でしょう。

試合会場では、上手くなるどころか自分は下手になる可能性が高い。

それが、自然なことなんだと。

逆に試合会場で上手くなる人がいたら、本当に勝負強い奇跡の人ですよ。

 

3.出来ることを徹底する、のが試合の基本

アナタ自身が、出来ること。

これを整理して、淡々と行っていくのが試合です。

リードしたら、練習でチャレンジしていることにトライする、のも良いでしょう。

試合会場に着いて、対戦相手が強いと・・・つい、自分もその雰囲気で「上手くなれるんじゃないか」とも思ってしまう。

でもそれは、甘い誘惑です。

この誘惑、を振り払って現実主義者に戻らないと。

そこが、試合のスタートです。

 

4.不甲斐ない自分、をどうコントロールするのか

試合で勝つって、こういうことです。

試合会場で、急に上手くなることは出来ない、負けそうで悔しい・・・自分を、どうコントロールするのか。

これが、すごく大事なんですよね。

感情的になっても、何も良いことは無いし、自分の成長につながらない。

不甲斐ない自分、を見つけるのがテニスの試合ですから。

辛いこと、苦しいことの方が多い。

でも、試合に出ないと気付けないこと、明らかにならないこと、ですから。

私たちは、いつもこの覚悟で、試合会場に向かわないといけませんね。

 

試合会場で急に上手くなることは無い、と書きました。

ですが、自信を得て勝ち上がっていく中で、実際は急成長していく人もいます。

でもそのスタートは、不甲斐ない自分と向き合ったり、焦ったりしながらだったでしょう。

アナタ自身、まずはこの壁、を越えられるかどうかが大事です。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

  3. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

    テニスの試合、みなさん「序盤」ってどうですか?一番難しい・・・…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

    テニスの試合、対戦相手が一番欲しいもの。それって何でしょうか?…

  5. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

    テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。そう考えてい…

  6. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    【本イベントは終了しました】男子ベテランシングルス練習会、やります! 6月12日…
  2. ボレー

    軸足が前に出ていくボレーは、試合で相当使える!
  3. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット
  4. テニス リターン

    メンタル

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる
  5. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
PAGE TOP