テニス 準備

メンタル

試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

これも、当たり前のこと・・・でしょうか?

私たちは、つい試合会場に着くと、自分を見失ってしまう。

「アレもできるはず、コレもできるはず」と思う時もあれば、「何をやっても上手くいかないかも・・・」と、弱気になることもある。

でも、大事なのはこの意識ですね。

焦らず、自分を大きく見せようとせず、しっかり自分のテニスを出し切れば良いんです。

 

試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

 


 

1.焦っても、何も始まらない

試合が始まってみると、どうやら相手はかなり上手い。

焦って自分も良いショットで対抗しようとしても・・・どうでしょう。

ミスが早くなって、自滅していくだけじゃないでしょうか?

強い選手との試合って、意外と相手からナイスショットで決められるポイントって、少ないんですよ。

自分が勝手に無理をして、焦って、自滅していくポイントの方が圧倒的に多い。

もちろん、私もそんな経験、たくさん積んで来ました。

 

2.試合会場では、魔法も何も効かない

むしろ、いつもの練習の時より実力は落ちる。

それは、アナタ自身の緊張やメンタル、に寄るものだけじゃありません。

初対面の相手、会場の雰囲気、ニューボール、コートサーフェス・・・全てが違うんですよ、試合では。

練習は毎回、同じ場所で同じメンバー、がほとんどだと思います。

そう考えると、焦る前に準備したいのは「いつも通りにはいかない、魔法は効かない」ということ、でしょう。

試合会場では、上手くなるどころか自分は下手になる可能性が高い。

それが、自然なことなんだと。

逆に試合会場で上手くなる人がいたら、本当に勝負強い奇跡の人ですよ。

 

3.出来ることを徹底する、のが試合の基本

アナタ自身が、出来ること。

これを整理して、淡々と行っていくのが試合です。

リードしたら、練習でチャレンジしていることにトライする、のも良いでしょう。

試合会場に着いて、対戦相手が強いと・・・つい、自分もその雰囲気で「上手くなれるんじゃないか」とも思ってしまう。

でもそれは、甘い誘惑です。

この誘惑、を振り払って現実主義者に戻らないと。

そこが、試合のスタートです。

 

4.不甲斐ない自分、をどうコントロールするのか

試合で勝つって、こういうことです。

試合会場で、急に上手くなることは出来ない、負けそうで悔しい・・・自分を、どうコントロールするのか。

これが、すごく大事なんですよね。

感情的になっても、何も良いことは無いし、自分の成長につながらない。

不甲斐ない自分、を見つけるのがテニスの試合ですから。

辛いこと、苦しいことの方が多い。

でも、試合に出ないと気付けないこと、明らかにならないこと、ですから。

私たちは、いつもこの覚悟で、試合会場に向かわないといけませんね。

 

試合会場で急に上手くなることは無い、と書きました。

ですが、自信を得て勝ち上がっていく中で、実際は急成長していく人もいます。

でもそのスタートは、不甲斐ない自分と向き合ったり、焦ったりしながらだったでしょう。

アナタ自身、まずはこの壁、を越えられるかどうかが大事です。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  2. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

    最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。テレ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える
  5. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ
PAGE TOP